返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

日本店员为表敬意将顾客送到门口,但顾客居然

时间:2020-06-11 13:12  
核心提示:ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが9月13日、ショッピング後の店員の対応についてツイートした。田村さんは、「ショッピングしてお会計した後に店員さんが出口まで商品を運ぶ

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが9月13日、ショッピング後の店員の対応についてツイートした。田村さんは、「ショッピングしてお会計した後に店員さんが出口まで商品を運ぶサービス撲滅しないかなぁ…」と投稿している。

搞笑组合伦敦长靴1号2号的田村淳在9月13日针对买完东西后店员的应对发了一篇推文,表示“结完账之后,店员提着袋子将顾客送到门口的服务能不能取消啊…”。

「たかだか10メートルくらい運ばれて便利だと感じたことはない」

“顶多就10米的距离,就算帮忙拿出去也不觉得方便”

店側もおもてなしの一環として行っていると思われるが、田村さんはそのサービスを望む人もいるため「お店としては板挟みなんだろうけれど…」とした上で、「せめてレジで断った時には、すんなり引いて欲しいね…たかだか10メートルくらい運ばれて便利だと感じたことはないし…どんな人があのサービスを望んでるのか?無くなったら怒るのかな?」と続けて投稿。

其实店家这样做也是出于对顾客的敬意,而田村桑考虑到应该还是有一些顾客喜欢这种服务的,“店铺大概也是左右为难”于是又发了一篇推文“至少如果顾客在收银台表示不需要送出去时,希望店员就不要再客套了,毕竟也就十米的距离也方便不到哪儿去。不过到底是什么样的人才会喜欢这样的服务,要是没有了真的会生气吗”。

こうしたサービスを行うのは高級ブランド店というイメージがあるが、今は一般的な価格帯のアパレルショップでも店外まで見送ってくれるところが少なくない。リプライには会計後などに「結構ですって断ればいいじゃん」という声も寄せられた。

从前这样的服务都是高级品牌店才有的,现如今一般平价的服装店这样的情况也不少见。也有一些网友回复“要是不喜欢,在结账后直接拒绝不就好了”。

しかし中々断りづらい、断っても頑なにお見送りをしようとするという経験があるという人も少なくはないようで、「持ってもらって出口まで一緒に行く時、どんな顔したらいいかいつもわからないです」、「5~6歩ほど歩いてTシャツ1枚なんかだと何度もおじぎし合って面倒くさいなぁと思います」という声も多かった。また「買った後ももうちょっとみたい時あるんですよねー…」という不満も寄せられた。

不过也有不少人表示其实很多时候很难拒绝,而且常常会遇到就算拒绝了也还是坚持送到门口的店员。“店员拿着购物袋把我送到门口的时候,常常不知道应该做出什么样的表情回应”“只是买一件T恤,仅仅五六步的距离,却要鞠好几次躬,实在是太麻烦了”,还有一些类似于“有时结完账之后,也还想逛一下”的不满。

一方、接客業だという人からは、「お客様によっては高額のものを買ったのにレジでわたすなんて信じられない!とクレームにつながる場合もあります」というコメントも。店側のクレーム対策のためでもあるようだ。

另一方面,有一些从事服务行业的人表示“有的客人会为此投诉,说什么明明买了那么贵的东西却在柜台就把东西递给我了,简直不敢相信”,这种服务也是店家避免投诉的一种策略。

他にも購入済の袋の中に未会計の商品を入れないようにという「万引き対策」という声や、わざわざ店外まで商品を運ぶのは「他の通行人に見て貰い集客効果を狙う為」といった声も寄せられた。「荷物運んでお見送りサービス」には様々な意味が込められているようだ。

此外,还有一些其他的意见,比如“这样做是为了防止有人把没有结账的东西装进袋子带走”,还有人表示把客人送到门口是为了“让路过的客人看到,以达到吸引顾客的效果”。原来将购物的客人送到店门口的服务,还有这么多深意啊。


热门TAG: 日本 敬意 顾客