返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:参议院立法防止食材作假

时间:2020-05-08 14:51  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:参议院立法防止食材作假。

  日语一级听力音频资料:

  日语一级听力原文:https://pan.baidu.com/s/1mjVZQRm

  去年全国で相次いだ食材の虚偽表示の問題を受けて、監視体制の強化策などを盛り込んだ改正景品表示法が、今日の参議院本会議で可決成立しました。

  去年全国のホテルやデパートで相次いで明らかになった食材の虚偽表示の問題では、規制を行う消費者庁に地方の出先機関がないことなどから、取締の実効性が疑問視されました。こうしたことを受けて今日成立した改正景品表示法には、監視体制を強化するための新たな対策が盛り込まれました。

  具体的には、現在国だけにしかない虚偽表示の再発防止を命じる権限を都道府県にも広げるとともに、調査を行う権限は、農林水産省や経済産業省など、消費者庁以外の省庁にも持たせるなどとしています。

  また、事業者に対してもメニューや商品の表示についての責任者を決めておくなど、体制の整備を義務づけています。

  法律の成立後、森消費者担当大臣は、「都道府県の体制が強化されるので、知事の措置命令が円滑に行われるよう、国としても連携をしっかり進めていきたい」と話しました。

  この改正景品表示法は年内に施行される予定で、消費者庁は今後権限が拡大する都道府県の職員に対し、研修などを行うことにしています。

  日语一级听力译文:

  去年,日本全国各地相继发生食材造假问题。就此,今日的参议院全体会议通过了改正景品表示法,其中加入了强化监督体制等对策。

  去年,日本全国各地旅馆及商店相继发生食材造假问题。由于进行食材管制的消费者厅没有地方派出机构等,其管制时效性遭质疑。对此,今日通过的改正景品表示法加入了强化监督体制的新对策。

  具体来看,除了将国家防止造假问题再发的权限扩大到都道府县外,调查权限也扩大至农林水产省及经济产业省等消费者厅以外的省厅。

  另外,对于企业家,应事先决定管理菜单及商品名称的责任人等,要求其整备体制。

  法律通过后,消费者担当大臣森雅子表示,由于都道府县体制强化,为了知事的命令顺利进行,希望国家间也应推进合作。

  该改正景品表示法预计年内实施,消费者厅今后将对权限扩大的都道府县职员进行培训。

  以上就是日语一级听力练习:参议院立法防止食材作假的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 参议院 立法 日语