返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:日朝绑架案再调查

时间:2020-06-07 05:57  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:日朝绑架案再调查。

  日语一级听力音频资料:

  日语一级听力原文:https://pan.baidu.com/s/1jITM4sQ

  北朝鮮が全面的調査を行うことを約束した拉致問題で、日本人の拉致に関わった疑いのある「よど号」グループのリーダーが、昨夜、NHKの取材に応じました。容疑を改めて否定したうえで、逮捕されるおそれのない第三国などでなら、再調査に協力する意向を示しました。

  日本の警察当局は国際手配したメンバーをあくまで逮捕する方針です。

  よど号ハイジャック事件は昭和45年3月、日航機のよど号が赤軍派のメンバー9人に乗っ取られたもので、メンバーは乗客を解放したあと、北朝鮮に渡りました。現在もメンバー4人とその妻2人が北朝鮮にとどまっていますが、先月下旬にかけて、グループに面会した映画監督や編集者らが許可を得て最新の様子を撮影しました。

  グループの拠点はピョンアンの中心部から車で40分ほどのところにあり、敷地内にはメンバーが暮らすアパートなどがあります。北朝鮮の一般市民が見ることが難しいとされる衛星放送の受信用アンテナも設置されていて、北朝鮮当局の厚遇ぶりがうかがわれます。

  よど号グループをめぐっては、ハイジャック事件のほか、ヨーロッパで起きた有本恵子さんの拉致事件で、魚本、旧姓、安部公博容疑者が、石岡亨さんと松木薫さんの拉致事件でメンバーの妻の森順子容疑者と若林佐喜子容疑者が国際手配されています。

  日语一级听力译文:

  在朝鲜承诺全面调查绑架日本人的问题中,涉嫌参与绑架日本人的“淀号”劫机犯集团的首领昨晚接受了NHK的采访。其再次否定自己劫机嫌疑,并表示如在不会被逮捕的第三国,将同意协助进行再调查。

  日本警方贯彻方针,要彻底逮捕这些国际通犯。

  “淀号”劫机事件发生于1970年(昭和45年)3月,日本航空公司“淀号”客机被9名“赤军派”成员劫持,劫机犯在释放乘客后,移交给了朝鲜。现在4名成员及其妻子2人仍滞留在朝鲜。上月(4月)下旬,电影导演及编辑在获准与集团会面后拍摄了他们的最新动向。

  该集团据点位于离平壤市中心车程40分钟的位置。集团成员生活在基地的公寓里。还配置了朝鲜普通市民难以观看,用于播放卫星电视的天线。可以窥见朝鲜当局对该集团的优厚待遇。

  围绕“淀号”劫机犯集团,除劫机外,发生在欧洲的有本惠子绑架事件中的鱼本、旧姓、安部公博等嫌疑人,以及石冈亨、松木熏绑架事件中的成员妻子森顺子及若林佐喜子嫌疑人均被国际通缉。

  以上就是日语一级听力练习:日朝绑架案再调查的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 调查 日语 听力