返回首页
当前位置: 主页 > 日语考试 >

一级练习题:一级読解の練習(四)

时间:2020-07-28 06:00  
核心提示:1级読解の練習(4) スピーチをするときぜったいにあがるまいと思うとよけいあがる好きな人の前でふつうに振る舞おうとすればするほど動作や言葉がぎこちなくなるそういうことがよ
1级読解の練習(4)

スピーチをするときぜったいにあがるまいと思うとよけいあがる好きな人の前でふつうに振る舞おうとすればするほど動作や言葉がぎこちなくなるそういうことがよくある懸命に努力しているのにかえって結果がわるくなるのはなぜだろうか
それは自然に反するからであるたとえば人前でしゃべり慣れていない人はあがって当然である(①)あがるまいとする自然の法則に逆らうからかえって結果はわるくなるこれを努力逆転の法則という
努カはただすれば報いられるものではなく効果があるように工夫をしなければならないではどのように工夫するかまず意志を捨てることであるあがるまいというのは意志だそのような意志をもってもあがるのは意志とは別にあがる自分を想像しているからなのである
(②)だからいくら強固な意志をもっても心の奥底ではそれとは反対の自分を想像してしまう。そして想像のほうが勝ってしまうのである
意志をもつことは簡単だきょうからタバコをやめようと思うのは意志である③意志をもつにいたった理由もきわめて理にかなっているタバコは健康によくない金銭的にもバカにならない他人を不愉快にするアメリカのエリートは吸わないやめれば女房も子供も喜ぶこれだけ立派な理由があって確固たる意志を固めればやめられそうなものだ。
だが一服する自分のリラックスした姿を想像したときもうタバコに手が出ているのであるいくら意志を強固にしても想像には(④)他のことについても同じことがいえるいくら努力しても結果の出ない人は努力する意志があることはまちがいないが⑤想像でそれを台無しにしているのだ
人前であがらない良の方法はあがるまいという意志を捨てることだあがって当然なのだからきっとあがるだろうでいいのである。ただしそのあとでこう付け加えるあがるけれどもきっとうまくいくこれなら精神の緊張がほぐれるからあがってしどろもどろながらも人から好感をもたれる自分が想像できる人生すべからくこの方式でいけばよい。(川北義則『逆転の人生法則目からウロコが落ちる87の視点』PHP文庫より)
(注1)ぎこちない:不自然でなめらかでない
(注2)しどろもどろ:話し方が乱れている
【問1】(①)に入る言葉はどれか
1といっても2としたら3ことに4にもかかわらず
【問2】(②)に入る文はどれか
1意志と想像が争うときいつも負けるのは想像である
2意志と想像が争うときいつも勝つのは想像である。
3意志をもつことと想像することを同時に行うことは自然に反する
4意志をもつことと想像することは実は同じことである
【問3】③「意志をもつにいたった理由もきわめて理にかなっているとはどういう意味か
1タバコをやめようという理由がわかりやすくてもっともだということ
2タバコをやめようという理由が立派すぎるのではないかということ
3タバコをやめようという理由の中に納得できないものがあるということ
4タバコをやめようという理由の申に合わないものが少なくないということ
【問4】(④)に入る言葉はどれか
1かたくない2かなわない3かねる4かける
【問5】⑤想像でそれを台無しにしているの例としてあわないのはどれか
1タバコを吸ってリラックスした姿を想像した
2タバコを吸えずイライラして仕事に集中できない姿を想像した
3あがってしどろもどろになってしまうところを想像した
4しどろもどろになりながらも人から好感をもたれる自分を想像した
【問6】筆者が言いたいことは何か
1よい想像ができれば結果がでてくる
2想像を努カで変えれば結果もでてくる
3努力する意志がなくても想像は変えられる
4努力する意志があって想像力をつければ結果はでない

热门TAG: 练习题 練習