返回首页
当前位置: 主页 > 日语考试 >

天声人语07年07月23日

时间:2020-06-24 06:40  
核心提示:现代白领的心理健康 梅雨明けは九州付近で足踏みしているが、きょうは二十四節気の大暑。暦のうえでは暑さも盛りの時期である。〈兎(うさぎ)も片耳垂るる大暑かな〉と芥川龍
现代白领的心理健康
  梅雨明けは九州付近で足踏みしているが、きょうは二十四節気の大暑。暦のうえでは暑さも盛りの時期である。〈兎(うさぎ)も片耳垂るる大暑かな〉と芥川龍之介は詠んだ。動物も猛暑にうんざり。ユーモラスな情景が、まぶたに浮かぶ。
  使梅雨结束的气压团虽然还在九州附近停滞不前,可是今天就是二十四节气的大署了。从节气上讲,是一年中最热的时候。“热啊,兔子也热得垂下了一只耳朵”芥川龙之介在和歌中曾这样写到。动物在酷暑中无精打采,让人看了,觉得十分滑稽好笑。
  そして明日は、芥川がみずから命を絶った「河童(かっぱ)忌」だ。今年で80年になる。残された手記によれば、「ぼんやりした不安」にさいなまれていた。今なら「うつ病」と診断されたのかもしれない。ともあれ人気作家の35歳での早世は人を驚かせた。
  而且明天是芥川去世的忌日“河童忌”。今年是80周年。在他遗留的手记中,说是:“恍惚不安”地被虐待。如果在现代,恐怕会被诊断为“忧郁怔”。可是无论怎么说,如此受欢迎作家竟35岁英年早逝,还是举世震惊。
  芥川と同じ30代で、職場の重圧から心や体を病む人が、近年増えている。厚生労働省によれば、心の病で労災認定された人が、昨年度は過去最多の205人を数えた。4割を30代が占めるというから、その突出ぶりに驚く。
  现在,和芥川同样的30多岁的年轻人因工作压力而得身体疾病或心理疾病的人最近几年越来越多了。据厚生劳动省的调查,因为心理疾病而被认定为职业病的人去年最多,是205人。其中,30多岁人占了4成。比例之高令人吃惊。
  体力気力がかみ合って、仕事も板につくのが30代だろう。だが「働き盛り」は「こき使われ盛り」でもある。男性の2割強が「過労死ライン」を超す長時間残業をしている。そんな調査結果もある。成果主義の荒波も容赦はない。
  30多岁本来应该是人的生命中气力旺盛,工作得心应手的高峰时期。但是,“工作生命力旺盛”也是“满负荷任意驱使”。2成多的男性超过“过劳死警戒线”超长时间加班。这样的调查结果也是有的。追求成就的巨大力量的推动不可忽视。
  ストレスゆえか、30代による暴行事件も急増中だ。逮捕?書類送検は10年で5倍に。いまや「主役」が10代と入れ替わった。街頭などで、カッとなって暴行するケースが多いらしい。キレやすい30代像が、数字の向こうに浮かんでいる。
  因为压力,30多岁人的暴力事件也急剧增加。逮捕、材料送检的数量是10年前的5倍。现在,已经取代10来岁的成为主角。在街头,突发暴力事件很多。在数字上,我们看到了脆弱易受伤害的30多岁人的群像。
  皮肉屋の芥川は人生を一箱のマッチに例え、「重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である」と言っている。ストレスという火種を上手に鎮める術(すべ)が、30代ならずとも大切な今の時代である。
  讽刺风格的芥川把人生比喻为一盒火柴。他说:“把它当宝贝一样收藏,就毫无价值:不把它收藏好,又十分危险。”如何控制住心中压力的火种,不仅是30多岁的人,而且是当今时代每个人的一件大事。

热门TAG: 人语