当前位置:[首页 > 日语教程 > 标日初级 > 日语语法:“されました”的敬语用法剖析]

日语语法:“されました”的敬语用法剖析

发布: 2017-11-25 15:19 | 来源:www.jptranslate.com | 查 看:

  大家都知道日语里的“されました”是被动语态,而在某情况下又是敬语语态。那么是不是只要用“されました”就可以表达敬意呢?来看看大家对此的解释吧。

  Q:先日「○○家に長女が誕生されました」というのを見かけました。

  私は、この使い方に違和感を感じたのですが、国語的には正しいのでしょうか?

  前几天发现有“○○家に長女が誕生されました”这样的说法。觉得这种使用方法不太好,不知道在日语里是否正确呢?

  A:「長女が誕生されました」は、「長女が誕生しました」の丁寧な表現だとは思いますが、私も「誕生されました」には確かに違和感を覚えます。「入学しました」→「入学されました」「旅行しました」→「旅行されました」には、違和を感じません。

  “長女が誕生されました”应该是“長女が誕生しました”的礼貌表现形式,“誕生されました”确实觉得很奇怪。「入学しました」→「入学されました」「旅行しました」→「旅行されました」这样就不会觉得奇怪。

  A:確かにあまり使わない言い回しかも知れません。~されましたは、敬語・丁寧語としては軽過ぎるから、~なさいました、とすべきだから? でも、通じますよね。そんなに間違っていないと思いますね。ただし、自分の家のこと、または、親戚とか、社内の身内のことを外部に向かって言ったのならば、これは、誤りです。身内に対して、丁寧語・敬語はいけません。

  确实可能不常用。“~されました”作为敬语、礼貌用语过于轻微,应该是“~なさいました”吧?但是也可以说通。应该不算错吧。但是自己家、亲戚、公司内部在对外说的时候就是错的。对于自身是不能使用礼貌用语、敬语的。