返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

浅谈中日历史剧差异

时间:2020-05-10 15:11  
核心提示:中国のネット上ではこのほど、中国ドラマ史上最高の製作費との触れ込みで先月から放送を開始した歴史ドラマ「楚漢伝奇」に対し、「歴史事実に厳格でない」「客観性に欠ける」

中国のネット上ではこのほど、中国ドラマ史上最高の製作費との触れ込みで先月から放送を開始した歴史ドラマ「楚漢伝奇」に対し、「歴史事実に厳格でない」「客観性に欠ける」「不道徳だ」などの「ダメだし」が視聴者や評論家から続出している。「楚漢伝奇」の不人気の背景には、歴史を題材とするテレビドラマの氾濫がある。テレビドラマ市場の盛り上がりを背景に選択肢が増える中、ドラマに対する視聴者の目も肥えてきている。

近些天,关于电视剧《楚汉传奇》的争议不断,观众和各种影评人的“吐槽”都指向了国产历史题材电视剧的不严谨、不客观,甚至是不道德。《楚汉传奇》之所以这么不讨好,大多源自历史题材电视剧泛滥成灾。面对繁荣的电视剧市场,观众的选择余地大了,知识水平提高了,对电视剧的要求也自然更苛刻了。

歴史を題材にしたドラマはどのように撮ればいいのか?隣国の日本を参考にしてみるのも悪くない。日本では1963年から毎年NHKが歴史を題材にしたドラマを制作しており、「大河ドラマ」と呼ばれている。大河ドラマは、中国の一般的な歴史ドラマより、時代考証が非常に厳格だ。日本では大河ドラマに出演することは、演技力を持つ役者であることの一種の証明となる。

历史题材的电视剧究竟应该怎么拍?不妨看看我们的邻国日本。日本从1963年开始,每年都会由NHK(日本放送协会)推出一部历史题材电视剧,被称为“大河剧”。大河剧同我们一般概念中的古装剧相比,历史考据更为严格。在日本,能出演大河剧是对演员演技的一种证明。

大河ドラマ冒頭のタイトルロールにはいつも俳優とスタッフの名前による非常に長いクレジットが流れる。そこには時代考証スタッフの名前も列挙されている。当時の衣服、方言、乗馬の際の姿勢にまで、専門家による時代考証の研究が生かされている。日本のテレビ局の歴史事件の時代考証の正確さには驚かされる。例えば大河ドラマ「葵徳川三代」の第一話で描かれた「総括・関が原の戦い」の中では戦いが始まる時間が正確に何時何分だったかまで考証されている。一方、中国の歴史ドラマは、時代考証のアドバイザーが数人しかおらず、中には名義貸しだけだったり、名前が売れていても実力が伴っていなかったりする人も含まれる。

在大河剧的片头字幕上总是可以看到长长的名单,罗列着该剧考据工作者的名字。当时的衣物、方言甚至骑马的姿势都有专人考据研究。日本电视工作者对历史事件发生时间的考据,精确得令人震惊,如《葵德川三代》中第一集《总括关原之战》更是将战斗开始的时间精确到几点几分。相比之下,国产历史题材电视剧,历史顾问仅有几个人,有的人只是挂个名而已,有的人虽然名气很响,但工作水平却很难让人满意。

日本の歴史・文化は中国の深さには及ばない。そのため、大河ドラマの題材は中国の歴史ドラマに比べるとずっと狭い範囲に限定される。しかし大河ドラマはつねに歴史背景にある日本人の魂のよりどころを描こうとしている。人物はさまざまな闘争や殺意と陰謀が渦巻く中、胸に忠誠心や道徳、勇気を抱えて生きている。それに対して中国の歴史ドラマはつねに人々が群がって道徳心にかけた宮廷闘争劇を繰り広げる。

日本的历史文化远远不如中国深厚,所以大河剧的选材范围比中国历史剧狭窄得多。但大河剧总是力图在历史的背后呈现一个心灵的庇护所,人物在种种斗争、杀机和诡诈中,怀有忠诚、道义和勇气。反观国内,历史题材电视剧常常一窝蜂地拥在缺乏道德的“宫斗戏”上。

テレビドラマで描かれる内容が多ければ多いほど、いっそうの注意が必要となる。ドラマ制作側は、投資額や脚本家の知名度、視聴率ばかり気を取られるのではなく、どうすればより厳密な歴史ドラマを制作できるのかを考えるべきだ。

一部电视剧承载的内容越多,越应该专注用心。对电视剧制作方来说,在大投入、大手笔拼收视的市场行为之外,更应该思考如何将历史题材电视剧拍得更严谨。

声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

日本人最想说说看的中文:いつか言いたい中国語

走进日本大河剧>>


热门TAG: 历史剧 中日 浅谈