返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

【中日对照】走进日本——志賀直哉

时间:2020-05-10 12:15  
核心提示:日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习  志賀直哉   志賀直哉(1883-1971)は、小説家。白樺派を代表する小説家の一人。代表作「暗夜

日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习 

志賀直哉
 
志賀直哉(1883-1971)は、小説家。白樺派を代表する小説家の一人。代表作「暗夜行路」、「和解」、「城の崎にて」。
白樺派の作家であるが、作品には自然主義の影響も指摘される。「小説の神様」または「短編小説の神様」と呼ばれる。無駄のない文章は小説の文体のひとつの理想と見なされ評価が高い。そのため作品は文章就業のための模写の題材にされることもある。芥川龍之介は、晩年志賀の小説を高く評価し自分の創作上の理想と呼んだ。

译文 
  
志贺直哉(1883-1971),小说家。是白桦派的代表作家之一。代表作有《暗夜行路》、《和解》、《在城崎》等。
有人指出,他虽然是白桦派作家,但是作品受到了自然主义的影响。《小说神髓》也被称为《短篇小说之神》。他的文章不拖泥带水,堪称小说文体的一种范本,评价很高。因此曾被当作练习文章时模仿的题材。芥川龙之介曾高度评价过志贺晚年的小说,称之为是自己创作的理想。
 
注释 
  
1.白樺派(しらかばは):与自然主义相对抗,坚持理想主义和人道主义
2.無駄のない:不拖泥带水


热门TAG: 对照 日本 中日