返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

【走进日本】日本舞踊

时间:2020-05-10 09:32  
核心提示:日本舞踊 日本の神話にも舞踊は登場するが、現在の日本舞踊は能の影響を強く受けており、やがて男性の歌舞伎踊りへ発展していく。もう一方では、京都、大阪などの酒席における

日本舞踊

日本の神話にも舞踊は登場するが、現在の日本舞踊は能の影響を強く受けており、やがて男性の歌舞伎踊りへ発展していく。もう一方では、京都、大阪などの酒席における女性の座敷踊りへと発展し、芸者にとっては、必須の修業科目となる。いずれも三味線を伴奏とし、主としてすり足で踊り、動的よりも静的な動きに日本舞踊の特色がある。

付:日本舞踊は、「舞」と「踊」に大別されるが、一般に「能」以前のものが「舞」、歌舞伎以後のものが「踊」と呼ばれてきた。踊は15、16世紀ごろから民俗舞踊として庶民の間で広く行われ、やがてその中から歌舞伎踊が生まれた。その発展過程で舞の要素も取り入れられ、さらに例えば富士山の形を描いてみせるというような、演劇的表現の強い「振り」といわれる要素も加えられた。踊の流派も「西川」「花柳」「若柳」「藤間」など多くのものが生まれ、また20世紀初めごろからは西洋舞踊の影響を受けて、新舞踊運動が起こった。現在では主として女性が趣味として日本舞踊を習っている。

译文 
 
日本的神话里也曾出现舞蹈,而现今的日本舞蹈则深受能乐的影响,不久便朝着男性歌舞伎舞蹈发展。另一方面,在京都,大阪等地的酒席上都朝着女性宴会舞蹈发展,因而对艺妓来说,舞蹈便成了必修的科目。日本舞蹈全是以三弦伴奏,主要以脚擦地的方式来跳舞,因此与其说是动态动作,不如说是静态动作中具有日本舞蹈的特色。
 
注释 
 
1.芸者(げいしゃ):艺妓

2.いずれも:不管哪个

3.座敷(ざしき):(艺妓等到宴会上)表演,陪客

4.すり足(~あし):脚擦地皮儿悄悄走
 


热门TAG: 走进 日本