返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

【中日对照】走进日本——長崎県

时间:2020-05-09 17:41  
核心提示:長崎県 九州の北西部に位置し、総面積の45%を占める島々が南北300キロメートルの範囲に広がり、全国第2位の海岸線延長をもつ風光明媚な海洋県。豊かな海を舞台に水産業が発達す

長崎県

九州の北西部に位置し、総面積の45%を占める島々が南北300キロメートルの範囲に広がり、全国第2位の海岸線延長をもつ風光明媚な海洋県。豊かな海を舞台に水産業が発達するとともに、現在では海洋資源を活かした、観光?海洋技術開発が進んでいる。また、日本を西端に位置し大陸に最も近いため、古くから大陸文化の導入口、朝鮮半島との外交の舞台、鎖国時代には西欧や中国?朝鮮への唯一の窓口となり、今日でも国際性豊かな県として知られる。

译文 
  
位于九州的西北部,占总面积45%的岛屿在南北300公里的范围里分布,是一个拥有全国第二海岸线长度的风光明媚的海洋县。以丰富的海洋资源为依托的水产业的同时,现在利用海洋资源,也在开发观光、海洋科技。另外,由于位于日本西端,离大陆最近,因此自古以来就是大陆文化的导入口,是与朝鲜半岛外交的舞台,在锁国时代是通向西欧、中国、朝鲜的唯一窗口,时至今日也作为一个国际性县而闻名。
 
注释 
  
1.最も「もっとも」:最,顶

2.導入口「どうにゅうぐち」:导入口

3.鎖国時代「さこくじだい」:元和九年(1623年),德川家第三代将军德川家光就职,下令锁国,除开放长崎作为对外港口外,一律禁止外国人来日本,也禁止日本人远渡海外。直到西方资本主义列强以坚船利炮叩开锁国达200余年的日本国门。


热门TAG: 中日 对照 日本