返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

【中日对照】走进日本——川端康成

时间:2020-05-09 14:37  
核心提示:日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习  川端康成と「雪国」  川端康成(1899-1972)の代表作は「伊豆の踊り子」「雪国」「千羽鶴」

日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习 

川端康成と「雪国」 

川端康成(1899-1972)の代表作は「伊豆の踊り子」「雪国」「千羽鶴」「山の音」である。1968年、ノーベル文学賞を受けた。1972年、自殺。

「国境の長いトンネルを抜けると、雪国であった」。
「雪国」の有名な書き出しである。これは川端の戦前の代表作で、近代日本抒情小説の古典ともいえる。

译文 
 
川端康成的代表作有《伊豆舞女》、《雪国》、《千羽鹤》和《山之音》。1968年,他获得诺贝尔文学奖。1972年,自杀。
 
 “穿过国境线漫长的隧道,就是雪国了。”
这是川端康成战前的代表作--《雪国》的著名起笔。《雪国》被誉为日本近代抒情小说经典之作。
    
注释 
  
1.抜ける「ぬける」:穿通,通过

2.踊り子「おどりこ」:舞女