返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

聚焦明星唱功:不会唱歌依然做偶像

时间:2020-04-29 10:01  
核心提示:連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK総合)以降、小泉今日子や薬師丸ひろ子ら、“80年代アイドル”に再び注目が集まる一方で、現在の女性アイドルシーンについては飽和状態と考

連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK総合)以降、小泉今日子や薬師丸ひろ子ら、“80年代アイドル”に再び注目が集まる一方で、現在の女性アイドルシーンについては飽和状態と考えるユーザーも少なくない。“口パク禁止”や『歌がうまいアイドル日本一決定戦』(フジテレビ系)といった番組が放送されるなど、確かな歌唱力を持つ“実力派”の登場を望む声も。時代によってスタイルや売り出し方も変化しているが、果たしてアイドルにとって「歌唱力は必要」なのか?ORICON STYLEでは、ファンがアイドルに何を求めているのかを調査した。

随着电视剧《海女》在NHK综合台热播,小泉今日子、药师丸博子等“80年代偶像”再次走进人们的视线引起大家的广泛关注,而对于时下的女子偶像现状认为已经饱和的人们也不在少数。“禁止假唱”,富士电视台的《日本第一好声音偶像决赛》等综艺节目中,确实也有很多观众期待着唱功出众的实力派偶像亮相。时代在变迁,偶像们的成名方式也在不断变化。那么对于一个偶像来说,究竟需不需要唱功呢?就这个问题,Oricon style公布了一项调查结果,来说明粉丝们到底在追求明星们的哪些方面。

半数以上が“歌唱力は必要ない”今のアイドルは育てるもの!?

半数以上认为“不需要唱功”,如今的偶像都是后天培养的?!

今回、10代から40代の男女を対象に、『アイドルに“歌唱力”は必要?』という調査を実施。その結果、【必要】が47.8%、【必要ではない】が52.2%と不要論が過半数を上回る結果に。今回の調査の特徴としては10代~40代の男性は“必要ない”の比率が高く、10代、20代の女性がわずかながら“必要”が勝っている点が興味深い。

此次以10几岁到40几岁的男女们为调查对象的调查中,询问了大家关于“偶像们到底需不要需要唱功?”的问题。结果显示,47.8%的人选择了“需要唱功”,而有超过半数52.2%的人选择了“不需要”。而本次调查中的一大特点则是,10~40岁的很多男性都认为“不需要”,而人数极少的10岁、20岁这两档年龄层的女性却大都认为“需要唱功”,这引起了笔者极大的兴趣。

歌唱力は【必要】とする理由としては、「歌って踊るのがアイドルの基本、人前で披露するなら歌唱力は必要」(東京都/10代/女性)、「CDを発売するからには、上手であってほしい」(埼玉県/10代/女性)など、アイドル=歌手というスタンスを論じる声がやはり多い。さらに、「不協和音は聴きたくない」(北海道/10代/女性)、「ヘタなのにお金もらうなんて失礼」(栃木県/40代/女性)など、歌唱力が伴わないアイドルに対して手厳しい声もあがった。

认为需要唱功的理由大多是:“能歌善舞是一个偶像的基本功,在公众面前表演的话需要唱功”(東京都/10几岁/女性)"、“还是希望能买到唱功卓越的偶像的CD”(琦玉县/10几岁/女性)。像这种认为偶像=歌手的声音格外多。更有北海道的十几岁女生回答道“不想听到难听的演唱”、40几岁的枥木县女性“唱得难听却能赚到钱这真的太失礼了”等的回答。对于没有唱功的偶像持批评态度的声音也不在少数。

対して、歌唱力は【必要ではない】を選んだ理由には、「あくまでも歌手ではなくアイドル。楽しませることを目的としていると思うから必ずしも歌唱力は必要ではない」(愛知県/30代/女性)、「アイドルは歌、ダンス、トーク力、ビジュアルなど、様々な要素での総合力があればいいと思う」(東京都/10代/女性)とトータル的な魅力を重要視する意見が。「歌唱力のあるアイドルがたくさんあってもおもしろくないから」(埼玉県/10代/女性)というコメントからも、アイドルが身近な存在であることが伺える。

与此相反,认为明星们不需要唱功的人们则认为,“毕竟只是明星不是歌手,只要能让我们享受其中,没有唱功也无所谓”(爱知县/30几岁/女性)、“明星们只要在歌唱、跳舞、谈话水平、形象等各种实力综合起来就可以了”(東京都/10几岁/女性),甚至还有类似“如果明星们普遍都有唱功的话就没什么意思了”(琦玉县/10几岁/女性)这种意见,更倾向于邻家偶像般的存在方式。

このほか、AKB48のコンセプトである“会いに行けるアイドル”を象徴するように「ファンに対するマメさが今は大事だと思う」(大阪府/20代/男性)などの意見や、「諸外国ではダメだと思うが、日本のアイドルは“育てる”も含まれているので、歌唱力はある程度でいいと思う」(岩手県/40代/男性)と完成度より成長過程を楽しむ傾向が強い。

另外,诸如AKB48等以“能见到面的偶像”为理念的诸多新组合一样,来自大阪府的20多岁男性认为她们的理念充分体现了对粉丝们的重视跟尊重,而“对粉丝们的重视跟尊重才是当今社会最重要的事情”,而来自岩手县的四十多岁的男性也认为“在国外可能行不通,但是在日本的话偶像是可以经过培训锻炼出来的,唱功稍微有点就可以了”。这种比起结果更享受过程的粉丝声音也并不少见。

下一页更精彩>>>平成年代的偶像们生存现状


热门TAG: 聚焦 唱功 唱歌