返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

在日本要养育一个孩子,需要多少年收入?

时间:2020-06-09 16:26  
核心提示:子育てをするにあたっての理想の年収は? 0~6歳までの子どもがいる既婚男女に聞いたところ、理想の世帯年収は1029万円(夫759万円+妻270万円)となり、現実の世帯年収755万円(

子育てをするにあたっての理想の年収は? 0~6歳までの子どもがいる既婚男女に聞いたところ、理想の世帯年収は1029万円(夫759万円+妻270万円)となり、現実の世帯年収755万円(606万円+149万円)との差は274万円であることが、明治安田生命保険の調査で分かった。

要养育一个孩子的理想年收入是多少?从明治安田生命保险公司对孩子年纪在0~6岁的已婚男女的调查结果来看,理想的家庭年收入是1029万日元(丈夫759万日元+妻子270万日元),而现实中的年收入为755万日元(606万日元+149万日元),现实和理想相差了274万日元。

1029万日元相当于62万人民币,755万日元相当于45万人民币。

男女別に見ると、男性が回答した自分自身の理想の平均年収は759万円に対し、現実の平均年収は606万円、女性が回答した自分自身の理想の平均年収は270万円に対し、現実の平均年収149万円。女性よりも男性のほうが、自分自身の年収の理想と現実に開きが大きいことが明らかに。

男女分开看,男性回答的理想年收入是759万日元,而实际平均年收入是606万日元,女性回答的理想年收入是270万日元,实际平均年收入是149万日元。可见,相较女性,男性理想与现实的差距更大。

この結果を受けて、明治安田生命チーフエコノミストの小玉祐一氏は「女性の平均年収が149万円にすぎず、理想の平均年収でも270万円にとどまっているのは、多くの子育て期の女性がパートタイマーとして働いている実態を示している。人手不足を反映し、日本の子育て期の女性の就業率はいまや米国とそん色のないレベルにまで上昇しているが、真の意味での社会進出が進んだとは言えない状況だ」としている。

明治安田生命的首席经济学者小玉祐一说:“女性平均年收入不到149万日元,理想年收入也只有270万日元,是因为很多在养育孩子的女性都是在打零工。确实反映出了人手不足问题,然而日本边养孩子边工作的女性就业率虽然已经上升到几乎和美国相同,但事实上这样的情况却并不代表女性实现了真正意义上的进入社会。”

子育てにかかる費用(月額)はいくらくらいなのだろうか。この質問に対し、平均金額は3万9240円。負担が大きいと感じるものは「保育園・幼稚園代」(61.0%)が最も多く、次いで「習い事やお稽古事の費用」(41.6%)、「食費」(25.8%)と続いた。

养育子女每月的花费是多少?回答是平均3万9240日元。而让家长感到负担过重的支出中,最多人选择了“保育园 幼儿园学费”(61%),其次是“学习、培养技能的费用”(41.6%),再其次是“伙食费”(25.8%)。

3万9240日元相当于约2352元人民币。


热门TAG: 年收入 孩子 养育