返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

日本年轻人的变化:从喝酒习惯就能看出!

时间:2020-06-07 23:45  
核心提示:かつて、酒席の1杯目は「とりあえずビール」がほぼ“当たり前”だった。そんな乾杯事情に、最近変化が生じているようだ。 以前在酒会上,“先来一杯啤酒”几乎是理所当然的。

かつて、酒席の1杯目は「とりあえずビール」がほぼ“当たり前”だった。そんな乾杯事情に、最近変化が生じているようだ。

以前在酒会上,“先来一杯啤酒”几乎是理所当然的。而最近日本人的这种干杯文化似乎发生了变化。

まず、人気なのはハイボール。原材料となるウィスキーの年間出荷量は前年比108%の成長を遂げた一方で、ビールの出荷量は14年連続で減少。日本人がビールを嗜む量が減っていることは歴然だが、今でも宴席では、「とりあえずビール」の習慣は残っているのだろうか。若い20代、30代のサラリーマンに実情や、この慣習についての意見を聞いた。

首先,嗨棒越发受到人们欢迎,作为其原材料的威士忌年间出货量比前一年增长了108%,而另一边,啤酒的出货量则连续14年减少。很明显,日本人对啤酒的喜爱程度有所下降 ,那么今天的酒桌上“先来杯啤酒”的习惯还存在吗?就实际情况询问了20代、30代的年轻工薪族。

1杯目はビールで乾杯、2杯目以降はハイボール

第一杯先用啤酒干杯,第二杯之后换成嗨棒

週に2、3回は社内外の飲み会に参加するという会社員の30代の男性Aさんは、大のビール好き。厳しい上下関係の中で教育を受け、また酒席の幹事を務めることも多いことから、ビールでの乾杯が当たり前だと思っている「とりあえずビール」派の一人だった。

30代的男性公司职员A表示每周会参加两三回公司内外的酒会,他超爱啤酒。他受到的教育是要遵从严格的上下级关系,也经常担任酒会的负责人,因此认为用啤酒干杯是理所当然的事情,是“先来杯啤酒”一派中的一员。

「ビールの場合、他のアルコールと比べて提供スピードが早い。そのため、乾杯までの時間が短く、会を一気に盛り上げることができる。カクテルやソフトドリンクだと、まず注文の時点で『何にしようかな』などと悩むケースも多く、乾杯までに時間がかかるし、どうしても会をスタートさせるまでのテンポが悪くなる」(Aさん)

“点啤酒的话,上桌会比其他酒水速度快。因此大家能更快地干杯,让酒会一下子热闹起来。点鸡尾酒或软饮的话,首先点单的时候就会犹豫'点什么好',大家等好久才能干杯,这样酒会开始前的节奏会变差”(A先生)

そんなAさんだが、最近ではもっぱらハイボールを注文する機会も増えてきたという。

但如此热衷啤酒的A先生,却说自己最近也尽是点了嗨棒。

「30歳を超えて、ビールを飲むと”胃が重たい”と感じることが増え、糖質量やプリン体も気になってきました。そのため、ビールを飲む量を減らし、ハイボールを意識的に増やしています」(Aさん)

“过了30岁,喝啤酒经常会感觉'对胃的负担重',并且也开始在意糖分以及嘌呤的含量。因此,我有意识地在减少啤酒的量,替换成嗨棒”(A先生)

ただ、乾杯になると、いまだにビール以外で乾杯することがはばかられると明かす。

但他表明自己对用啤酒以外的酒水来干杯仍觉不妥。

「一回り上の世代にとっては、やはりビールでの乾杯が”当たり前”。他のアルコールで乾杯しようとすると、微妙な空気になることが多々あります。そのような先輩や年配者の多い飲み会では、乾杯の1杯目だけビールを頼んで、2、3杯目以降にハイボールを飲んでいます」(Aさん)

“大我一轮的长辈还是觉得应该用啤酒来干杯。用其他酒水干杯的话,气氛经常会变得微妙。因此在有很多前辈或长者的酒会上,干杯的第一杯酒会点啤酒,两三杯之后再喝嗨棒”(A先生)

みんなが”好きなもの”で乾杯できればいい

大家用自己“喜欢的酒水”干杯就好

20代の男性・Bさんは、新卒で入社した会社で、先輩社員が参加者に確認することなく「人数分ビールで」と注文したことに衝撃を受けた。

20代男性B桑刚毕业进入一家公司,前辈在没有向参加者确认的情况下,就给到场的人都点了啤酒,让他很是震惊。

「大学では、文化系のサークルに所属しており、あまり上下関係がありませんでした。そのため、本人の意志や体調などお構いなしに、ビールを飲むことが嗜みとされていることに驚きました」(Bさん)

“我大学的时候参加的是文化类的社团,不讲究上下级关系。因此,对于不考虑当事人的意志和身体状况,认为大家都爱喝啤酒的情况很是震惊”(B先生)

自身は、もっぱらハイボールで乾杯することが多い。

我自己一直用嗨棒来干杯的。

「ビールだと、ちびちび飲めないうえ、正直途中で飽きちゃうんです。ハイボールなら、ウーロン茶、緑茶、カルピス、梅酒などと様々な飲料で割ることが出来るのがいいし、ゆっくり飲める」

“啤酒既不能慢慢品,又会在中途感觉厌烦。嗨棒的话,既能用乌龙茶、绿茶、可尔必思、梅酒等各种饮料勾兑,又可以慢慢品尝”

20代の女性・Cさんは、会社の飲み会では、やはり最初はビールで乾杯するが、「本意ではない」と語る。

20代女性C桑在公司的酒会上,一开始也是用啤酒干杯的,但她表示“我本意并非如此”。

「ビール以外のものを頼むと、それだけが遅れてくることが多いので、申し訳なくて、合わせるようにしちゃっています。でも正直、特に冬場であれば、温かいお茶を頼みたい時もある。飲み会でも、“全員揃うまで待って”乾杯という風習をなくして、各々が好きなもので随時乾杯できるようになればいいなあと思います」

“点啤酒之外的酒水,上桌一般比啤酒慢,感觉很不好意思,于是就配合其他人点啤酒。但说真的,尤其是冬天,经常会想点杯热茶。我觉得即使是酒会,能免去'等待所有人酒水到齐'一起干杯的习惯,然后用各自喜欢的酒水随意干杯就好了”

お酒はあくまでも宴席を盛る上げるためのもの。同調圧力や慣習に縛られずに楽しみたいという若者は多いのかもしれない。

喝酒说到底是让聚会热闹起来的手段。大多年轻人可能不希望被一致性压力和习惯束缚,更希望自然地享受酒会。

精华阅读推荐:

日本90后公关帝王:因无聊从大学退学,到月收6000万日元的故事

泡沫经济崩坏后的平成:更穷的日本人,消费却更厉害了?!


热门TAG: 日本 喝酒 就能