返回首页
当前位置: 主页 > 走进日本 >

“名创优品”火遍全球!日本人:小瞧它了!这

时间:2020-06-06 05:11  
核心提示:0 何と「無印とダイソーとユニクロを足して3で割った」名創優品(メイソー)だった。奇跡のコラボ。 名创优品融合了无印良品、大创和优衣库三个品牌的特点。简直是奇迹般的“合

0

何と「無印とダイソーとユニクロを足して3で割った」名創優品(メイソー)だった。奇跡のコラボ。

名创优品融合了无印良品、大创和优衣库三个品牌的特点。简直是奇迹般的“合作”。

说到名创优品,大家一定不会陌生。从小乡镇到大城市都能看到它的身影。令人惊讶的是,名创优品已经在全球80个国家和地区开设了店铺!

当日本人第一次接触到名创优品,他们的感受是?

他们认为名创优品的成功有它的理由!▼

「MINISO」の店舗に足を踏み入れた私は驚愕した。カップルから親子連れまで、無茶苦茶楽しそうに買い物を楽しむ客で溢れかえっていたのだ。

踏进「MINISO」的店铺的我被震惊到了。从情侣再到带着小孩子的家庭,大家都非常开心地正在店内享受购物,可以说是人满为患。

社名は「名創優品(メイソウ)」と言う。「中国系の会社?」と思う人が多いのではないか。実際そうで、日本にはあまり店舗がない(東京・高田馬場やイオンモールなどに5店舗出店)。

公司的名字叫「名创优品」。可能很多人会认为是“中国的企业”吧。事实也确实是如此,在日本店铺很少,只在东京高田马场和AEON购物商场等地开了5家店。

ところがオリジナル商品のパッケージには「Designed by Japan」と銘打たれ、店内のいたるところに「FROM JAPAN TO THE WORLD」とデカデカとコピーを掲げている。ほとんどの日本人が知らないブランドが、地球の裏側で、「日本押し」しまくっているのである。

令人诧异的是他家的商品包装上都印有「Designed by Japan」的字样,店内也到处张贴着印有大大的「FROM JAPAN TO THE WORLD」文字的海报。大部分日本人都不知道的品牌,在地球的另一端,把“日本”作为了卖点。

名創優品(店舗ブランド名・MINISO、メイソウ)は2013年、広東省広州からスタートした。中国全土に展開し、2016年に世界展開を開始。今や80か国に3600店舗を展開している。名創優品のCEOは中国人起業家の葉国富氏。

名创优品于2013年在广州创立。店铺遍布全中国,2016年开始进军海外市场。现在名创优品在80个国家及地区开设了3600家店铺。CEO为中国企业家叶国富。

なぜその中国企業がFrom Japanを掲げているかというと、実は東京・銀座でも会社登記がされており、文化服装学院出身の三宅順也氏という日本人がチーフデザイナーを務めていることによるらしい。だから日本企業ではなくても、商品はFrom Japanなのだというわけだ。

为什么这个中国企业要说自己是“来自日本”?据说是名创优品在东京银座进行了公司登记,并邀请了毕业于文化服装学院的设计师三宅顺也担任首席设计师。因此即便不是真正的日本企业,也可以说是商品“来自日本”。

不过这个三宅顺也究竟是谁?

反正日网几乎找不到这位设计师的相关信息。(并不红?)

そんな名創優品は「ユニクロ、無印良品、ダイソーを足して3で割った」。実際、日本を代表する人気ブランド企業3社をよくぞここまでミックスしたものを思いついたものだと感心してしまう。ある意味、見事なまでのコラボレーションである。

名创优品“融合了优衣库、无印良品、大创三个品牌的特点”。事实上,能把日本的三大人气代表品牌做到这种程度的融合反而让人感到钦佩。从某种意义上来讲,是非常完美的融合。

恐ろしい勢いで拡大中、数年以内にダイソーを凌駕しそう…

名创优品以恐怖的速度扩张中,恐怕数年内要超越大创...

そこで、ダイソー(大創産業)、無印良品またはMUJI(良品計画)、ユニクロ(ファーストリテイリング)、MINISO(名創優品)4社の世界展開を比較してみた。

对大创、无印良品、优衣库、名创优品四家企业的世界开店情况进行了比较。

名創優品がビジネスモデルの参考にしたとされる「本家」のダイソーは世界29か国に店舗を展開中。無印良品は28カ国、ユニクロは20カ国だ。3社とも日本国内やアジア圏においては圧倒的な勢いを持っているが、中南米を見ると店舗数は非常に少ない。

名创优品的经营模式范本“大创”在全球29个国家(地区)开设了店铺。无印良品为28国、优衣库为20国。以上三家公司虽然在日本国内和亚洲圈有绝对的优势,但是在中部美洲和南部美洲开设的店铺非常少。

一方、名創優品は中南米はもちろん、世界80か国にも店舗を展開している。数年以内にダイソーを凌駕しかねないペースで成長しているのである。

另一方面,名创优品在全球80个国家(地区)都开设了店铺,这其中当然包括了中部美洲和南部美洲。它正以恐怕会在数年内超越大创的速度快速成长着。

名創優品に関連する最近のニュースを見ると、もはや一大企業となり始めていることもうかがえる。

看了最近关于名创优品的新闻,感觉它已经有成为大公司的征兆。

2018年9月にはメッセージングアプリWeChat(微信)を運営する中国IT大手のテンセント(騰訊)とHillhouse Capital(高瓴資本)から10億元(約160億円)を調達している。また同年12月、名創優品は「2022年までに100カ国、1万店舗展開する」と公表している。

2018年9月腾讯和高瓴资本投资10亿元。同年12月,名创优品发表了“到2022年为止,要在全球100个国家,开设1万家店铺”的计划。

そしてさらにやばいと感じるのは、創業当初は明らかに低かったそのクオリティが、前述した3社に見劣りしないほど、格段に上がっていることだ。

然而更让人觉得震惊的是,创业当初名创优品的商品质量非常低劣,但是现在的情况是质量明显提升,并不比上述三家日本企业差。

なめていた…

小瞧它了...

今のMINISOのオリジナル商品のクオリティは、筆者の主観では、無印より商品のデザインは少し下だが、無印より価格は安い。ダイソーより価格は少し高めだが、デザインは少し洗練されている印象だ。

从笔者的主观来看,现在的名创优品的商品质量虽然比无印差一点,但是价格更便宜。价格比大创稍微贵一点,但是设计好像更加考究。

一体、名創優品の何が消費者の心を掴んでいるのか。

到底,名创优品是如何抓住消费者的心的呢?

確かにあちこち突っ込みどころ満載ではあるのだが、クオリティもきっちり「パクっている」。つまり、ユニクロ、無印、ダイソーのクオリティに引けを取らないほどの製品がズラリと並んでいたのである。なにも知らない外国人からしてみれば、これならば洗練された日本ブランドという印象を受けるのではないか。

虽然店里有很多令人吐槽的地方,但是质量确实也“跟上了”。不亚于优衣库、无印、大创的商品整齐有序地陈列着。对于不清楚状况的外国人来说,可能会有这个就是考究的日本品牌的印象吧。

内装はかなり凝ってる。「でもモノは安っぽいんだろうな」と若干上から目線で商品を手に取ってみたのだが、驚いた。「なんだこれ。普通にイケてるじゃないか」と。

店内布局也是比较讲究的。“这个东西看上去好像有点廉价啊...”当我怀着有点瞧不起的心情一看商品的价格,惊呆了。这个价格,完全可以入手啊。

「日本」を押し出し品質の良いブランドだと訴求するのが名創優品の成功に貢献した側面は確実にあるだろう。

可以确定的是,通过宣扬“来自日本”质量好的品牌形象从侧面帮助名创优品取得了成功。

さらにこれまでなかった「手頃な価格帯✕洗練されたデザイン、品質の良い商品」ゆえに名創優品は現地消費者の支持を得ている。

名创优品以至今没有过的“便宜的价格+考究的设计+品质好”战略获得了当地消费者们的支持。

「オリジナル商品」で競争優位性を磨く名創優品

靠“原创品”突出重围的名创优品

名創優品のやり方が果たしてモラル的に良いかどうかは賛否両論があるだろう。

名创优品的这种营销法从道德角度来讲到底是对是错?大家有不同的看法。

たとえば「商品パッケージから店内の内装にまで意図的に日本語を使いまくって日本ブランドと認知させるようなやり方はあくどい」という批判的な意見はある。

比如就有批判的声音:“从商品的包装再到店内装潢都有意使用日语,想让大众误认为其就是个日本品牌。这种做法令人讨厌”。

一方で、「過去にも日本企業を含め世界中の企業には別の国の他社のコンテンツをパクって発展してきた例も多いでしょ。だからこれもOKじゃないの」「日本料理店やってる韓国人は世界中にいる。ビジネスてそういうもんでしょ」という容認的な意見もある。

另一方面,也有包容的声音:“过去有不少包括日本在内的部分企业通过抄袭使用其他国家、其他公司的东西而获得发展的例子。因此名创优品也是没问题的吧。”“世界上还有开日本料理店的韩国人呢。做生意不就是这样的嘛。”

名創優品がMINISOというブランドをさらに洗練されたものへと変化させようとしている姿勢を垣間見、それを驚異的に感じる。たとえば名創優品は積極的に有名キャラクターとコラボした商品開発に取り組んでいる。

看到名创优品欲将MINISO往更精致的品牌方向打造,我深感震惊。举个例子就是名创优品积极开发和知名IP的合作联名款。

ハローキティ、アドベンチャー・タイム、ぼくらベアベアーズ、マーベル・スタジオらと提携。これら提携企業のキャラクターを活用した商品開発を行っている。

通过和Hello Kitty、探险活宝、We Bare Bears、漫威等合作,活用这些IP进行商品开发。

当初はダイソー、無印、ユニクロを混ぜた良く分からない「パクリブランド」と呼ばれた名創優品。しかし、物凄いスピードで進化を遂げている。

当初被叫做“抄袭品牌”,和大创、无印、优衣库傻傻分不清的名创优品,现在正以惊人的速度进化着。

もはや「そっくりブランド」ではない

已经不是“抄袭品牌”了

バイヤーから次々提案される商品アイデアはチーフデザイナー三宅順也氏やノルウェー、スウェーデン、デンマークのデザイナーで構成されるデザインチームが審査する。その審査をくぐり抜けたアイデアが新たな名創優品の商品企画として上がるとのこと。

买手们提案的商品概念由主设计师三宅顺也、挪威、瑞典、丹麦的设计团队进行审核。通过审核后,将会正式作为新的商品企划。

そして、消費者が店舗に来るたびにサプライズを感じてもらえるよう、7日ごとに商品ラインナップを更新しているというのだ。

另外,为了让消费者每次来店铺都能有惊喜感,名创优品的商品线做到了每7天更新一次。

こうして名創優品はオリジナル商品を矢継ぎ早にリリースし競合他社に勝る競争優位性を築き始めている。

名创优品以不断发布新商品的方式为它赢得市场竞争的胜利奠定了基础。

对于名创优品的崛起,日本人有自己的看法。

有人表达了质疑,有人给予了反击,认为是日本人缺乏危机感。

网友A:这种(打着日本旗号)的做法有问题吧!日本通过好好做产品让日本良好的信誉扩散到了全世界。通过这种投机取巧的方式获取利益。本该是日本获得的利益却被中国人窃取了。真的是了不得呢。

网友B:根本没有实际去过店里的人直接说人家是“抄袭”,进行批判的做法实在是不上道。我去过深圳、广州、香港、曼谷这些名创优品的店,卖的东西非常不错价格也不贵帮了我大忙了。哪怕是被大家误认为是日本的店,也只会帮助提升日本的形象,这种店真的是对消费者而言良心的存在。生意场就是战场,因此能突破灰色地带的就是胜利。大创不也最初是卖那些残次品,现在是以接近成本价的价格甩卖商品的做法嘛?大创以这种薄利多销的方式摧毁了多少的杂货店你知道吗?当然包括这个在内只是说明了商战的胜利者即是正义。批判名创优品,但是因为大创是日本企业就装作没看见的做法实在是很丢人。

网友C:首先你自己做不到在全球80个国家开店,不论说什么都是没用的。这样看来没有危机感的日本人实在是太多了。

名创优品,同“争议”一起诞生的品牌


热门TAG: 小瞧 创优 是有