返回首页
当前位置: 主页 > 日语语法 >

必要な句読点を忘れない。

时间:2020-03-26 13:00  
核心提示:必要な句読点を忘れない。 句読点など初歩的基本的なミスのある文章はそれだけで読みづらくなり、嫌になってしまいます。 句点は、文の終わりに打ちます。当たり前のことです

必要な句読点を忘れない。

句読点など、初歩的・基本的なミスのある文章は、それだけで読みづらくなり、嫌になってしまいます。

句点は、文の終わりに打ちます。当たり前のことですが、意外に忘れる人が多いので注意しましょう。

読点は、文を読みやすくし、誤解を防ぐために打つものです。ただし、あまり多く打ち過ぎるのも禁物です。読点をつける原則としては次のような場合があげられます。①語句を対等に並べる場合、②重文の境目、③倒置文の場合、④ある語を強調する場合、⑤感動詞の後、⑥挿入句の前後または前。

×悪い例

母親は楽しそうに砂遊びをしている息子を見ていた。

(↑ 「楽しそうに」しているのが母親なのか息子なのか分からない)

○よい例

①母親は、楽しそうに砂遊びをしている息子を見ていた。

②母親は楽しそうに、砂遊びをしている息子を見ていた。


热门TAG: 句読点