返回首页
当前位置: 主页 > 日语语法 >

主語と述語は、できるだけ近くに置く

时间:2020-03-26 11:58  
核心提示:主語と述語は、できるだけ近くに置く。 主語と述語の間にたくさんの修飾語などを入れると意味の分かりにくい文になってしまいます。 ×悪い例 当時中学生だった彼はこけら落し

主語と述語は、できるだけ近くに置く。

主語と述語の間に、たくさんの修飾語などを入れると、意味の分かりにくい文になってしまいます。

×悪い例

当時、中学生だった彼は、こけら落しの市民会館で開かれたコンサートで、ショパンの「雨だれ」を弾いた。

○よい例

こけら落しの市民会館で開かれたコンサートで、当時、中学生だった彼は、ショパンの「雨だれ」を弾いた。

文章の書きだしは、短文のほうがよい。

書き出しの文があまり長いと、歯切れが悪く、読み手を惹きつけることができません。できるだけ短く簡潔な方が、効果的です。

×悪い例

吾輩は、名前もまだなく、どこで生まれたか頓と見当がつかない猫である。

○よい例

吾輩は猫である。名前はまだない。

どこで生まれたか頓と見当がつかぬ。


热门TAG: 述語 主語