返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天声人语翻译:冲绳县民 水深火热

时间:2020-05-24 14:22  
核心提示:《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好

  《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好方法。

  かつて沖縄から米国に留学した大学院生が、ゼミで米兵による性犯罪の多発を訴えた。すると「そんなことはニューヨークでも毎日起きている」と反論されたそうだ。「違う」と留学生は説明した。

  一名曾经从冲绳去美国留过学的研究生在他的课题研究会上谈到了经常发生美军士兵性犯罪的现象,却立刻遭到了反驳说,“这种情况,在纽约也是每天都发生。”“那不一样!”留学生进一步说明到。

  「ニューヨークで捕まった犯人は刑罰を受けなくてはなるまい。だが沖縄では基地の中へ逃げ込めばすむのだ」――。最近でも起訴率は低い。沖縄は長く怒りに震えてきた。事件だけではない。土地の収奪、戦争の脅威、そして軍用機の墜落。基地の存在は今も、垂れ込める雲のような重圧をもたらしている。

  “在纽约,被逮捕的犯人必定将接受刑法的惩处,然而,在冲绳可以逃进基地里万事大吉。”即便是到了最近,起诉率仍然很低。为此,长期以来冲绳人民一 直极为愤怒。当然这不仅仅是因为类似事件,另外还有诸如土地的巧取豪夺、战争威胁,以及军用飞机的坠落等等。如今,基地的存在仍然像垂悬在人们头上的乌云,造成沉重的压力。

  その島で、オスプレイ配備に反対する県民大会があった。「沖縄の青い空はアメリカのものでもなく、日本政府のものでもなく、私たち県民のものです」。壇上から語る女子大学生の姿に、17年前を重ね合わせた人もいるだろう。

  就在这岛上,曾举行了反对配置鱼鹰式飞机的县民大会。“冲绳上空的蓝天不是美国的,也不是日本政府的,而是我们县民的”,从这位在讲台上呐喊的女大学生身上,我们看到了17年前的情景。

  1995年、忌まわしい少女暴行事件を受けた県民大会で女子高校生が訴えた。「私たちに静かな沖縄を返してください。軍隊のない、悲劇のない平和な島を返してください」。歳月をはさんで、変わらぬ現実が島をさいなむ。

  1995年,在针对发生了不愿意看到的强奸少女事件而举行的县民大会上,一名女高中生呼吁到,“还我安静的冲绳!还我一个没有军队、没有悲剧的和平之岛!”遗憾的是,流年似水斗转星移,可不变的现实仍然在折磨着这个岛屿。

  モロッコなどで相次いだオスプレイの墜落について、防衛省は「操縦ミス。機体は問題なし」とする米側報告をなぞった分析を公表した。丸呑み、やっぱりね、と多くが思う。

  关于在摩洛哥等处不断发生的鱼鹰式飞机坠落事件,防卫省公布了照搬美方“操纵失误,肌体无问题”报告的所谓分析。不得不使很多人认为,这完全是生搬硬套,还是不敢得罪美国啊!

  日本政府がメッセンジャー役でいるかぎり沖縄の負担は減るまい。目を沖縄に向け、もの言う口はアメリカに。普天間飛行場では今日も、軍用機が大きな腹を見せて、街の屋根すれすれを飛んでいる。

  只要日本政府继续充当美国传声筒一天,冲绳的负担就一天得不到减轻。虽然眼睛看着冲绳,可说话的嘴巴却向着美国。目前,在普天间机场,美国的军用飞机仍然腆着它的大肚子,天天擦着房顶一掠而过。



热门TAG: 人语 县民 冲绳