返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天声人语翻译:排除干扰 抓住本质

时间:2020-05-17 12:27  
核心提示:《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好

  《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好方法。

  月を指さしているのに、肝心の月を見ないで指ばかり見ている。つまり、目の先のものにかまけて、ことの本質に目が向かない。分かりやすいからか、似た例えは世界にあるようだ。親鸞にも「汝(なんじ)なんぞ指をみてしかも月をみざると」のくだりがある

  即便用手指着月亮观望,可你却往往不去看那最重要的月亮,而竟顾着看手指。也就是说,只顾眼前的东西,而漠视了事物的本质。也不知道是不是因为浅显易懂的原因,相似的例子世界上好像不少。亲鸾也有这么一句,“汝等之辈亦如此,不见月亮只见指”

  高名な宗祖と暴走大臣を並べるのも何だが、田中真紀子文科相をめぐる騒動にも同じことがいえないか。非難の声は高く、野党からは問責決議の声も上がる。だが政争の具にするばかりでは、指の先の月を見ないことになる

  将大名鼎鼎的净土真宗开山鼻祖和武断大臣相提并论总觉得不一定合适,不知是否可以说与围绕着田中真纪子文部科学相的骚动有异曲同工之处。谴责声浪高涨,在野党甚至发出了提交问责决议的诉求。然而,如果仅将此作为政治斗争内容的话,就好比是无视手指前方的月亮。

  たとえば、大学を新設するプロセスも一般にはわかりにくい。認可が下りる前から建物が造られて、募集のPR活動が行われる。これを奇異に感じる人も多いのではないか

  例如,新设大学的过程一般来说就很晦涩。在获得认可之前,校舍已经建造,招生的PR活动已开始进行。对此深感奇怪者不是很多吗?

  大学の設置認可制度の手引を文科省が作っている。見ると、「新規参入のハードルは格段に低くなっている」「不認可とされる事例は極めてまれ」といった文言がある。これでは乱立もやむを得なく思われる

  大学设置认可制度的手续由文科省制定。其中就有“加入新建的门槛设置很低”“不被认可的情况极为罕见”之类的语句,如此这般,出现多设乱设的情况也实属无奈。

  そして今、総定員が進学希望者より多い全入時代である。独自の試験をせずにセンター試験ですませ、中には学力審査がない大学もある。仮に学生の頭数がそろえばいいという了見なら、学ぶ者のための大学か、経営者のための大学か、わからなくなる

  而且,如今已经是定额总数多于求学志愿者人数的全部录取时代。不设有各校独立考试,只要通过中心统一考试就可入学,其中不乏不进行学力审查的大学。只要凑足学生人数就行,假设持有的是这种见解的话,就让人看不懂了。这到底是为了学习者的大学?还是为了经营者的大学?

  迷惑きわまる真紀子台風だが、暴君キャラをあげつらって終わり、にはしたくない。政治もメディアも、「文教ムラ」の空にかかる月を、一度よく吟味する必要があろう。教育は国の基(もとい)だから、くすんだ月であってはいけない。

  尽管刮了一场令人极为困惑的真纪子台风,但是也不想最后落一个被人议论为暴君形象的结果。无论是政治还是媒体,恐怕都有必要好好品味一下“文教村”上空这一轮月亮,哪怕只是一次。因为教育是国之基础,所以不应该是暗淡无光的月亮。



热门TAG: 排除 人语 干扰