返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天声人语翻译:动漫工作室的火灾(7月19日)

时间:2020-05-11 17:42  
核心提示:《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好

  《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好方法。

  1週間に1本、テレビのアニメ番組をつくる。そんな前代未聞の仕事に、手塚治虫が挑んだのが、1960年代のことだった。大変な手間と経費が予想され「バカな計画をしたものだ」と、周囲から言われたという▼その作品「鉄腕アトム」は大人気になったが、スタッフの疲労は蓄積した。「みんなをささえていたものは、われわれは開拓者なんだというプライドだけであった」と著書『ぼくはマンガ家』にある▼その後も数え切れない開拓者たちによって前へ進んできたのが日本のアニメである。数多くのスタジオのなかでも、京都アニメーションはきめ細かい作画で知られる。そこで制作に打ち込む人たちを、火災が襲った▼出火当時は70人以上がいて、すでに30人を上回る犠牲者が出ている。ガソリンのような液体をまいた男の身柄が警察に確保された。放火だとすれば、その卑劣さは一体どこから来るのか。建物にまとわりつくような煙の映像を見るのがつらい▼地元に根差し、地元から愛されてきたスタジオである。人気テレビアニメ「けいおん!」には賀茂川と高野川が合流する鴨川デルタが登場し、別の作品には京阪電車沿線の風景がある。そんな京都への思いも灰にするかのような蛮行である▼作品は海外でも評価が高く、火災のニュースは世界に伝わった。こんな英語の書き込みがネットにあった。「純粋な楽しさ、涙、そして忘れられない瞬間を与えてくれたスタジオと従業員たち。彼らのことを思い、祈ります」

  动漫工作室的火灾

  一周制作一卷电视动漫节目——手塜治虫于20世纪60年代时挑战过那前所未闻的工作。这项工作预测要大量的时间和经费,据说被周围的人说成是“愚蠢的计划”。

  在那“愚蠢的计划”中制作出的作品《铁臂阿童木》虽然大受欢迎,但制作人员却是筋疲力尽。手塜治虫在自传《我的漫画人生》这样写到:“正是我们作为开拓者的骄傲一起支撑着大家”。

  那之后,日本的动漫产业便由无数的开拓者推动着前进。在众多的动漫工作室中,京都动漫以极为细致的作画而闻名。可是在工作室中专注于制作的人们却遭到了火灾的袭击。

  起火当时,工作室里共70多人,截止目前确认30多人遇难。泼洒类似汽油状液体的男子已被警方控制。如果确定为放火的话,究竟是什么让他做出如此卑鄙的事。建筑物被烟燻黑的画面不忍直视,看着着实令人心痛。

  京都动漫工作室是在当地起家,深受当地人们喜爱的工作室。贺茂川和高野川汇合而成的鸭川三角洲曾在热门TV动漫《轻音少女》中出场,京坂电车沿线的风景也在其它动漫作品中出场过。那野蛮的行为无异于是把对京都的思念化为灰烬一般。

  出自京都动漫的作品在国外也获得很高的评价,火灾的消息传到了世界各国。网上有这样一则英语报道:“京都动漫工作室和其工作人员,给予我单纯的快乐、泪水和无法忘却的瞬间。为他们祈福”。




热门TAG: 人语 火灾 翻译