返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

能力测试最给力解析N1读解:男女の育児休業

时间:2020-04-27 20:18  
核心提示:《能力测试最给力解析N1读解》充分考虑了每项模拟试题的文章长度、体裁和内容等搭配,做到了实用性、趣味性和知识性相结合。并根据样题和以往的考题,分析了命题的规律,提出

  《能力测试最给力解析N1读解》充分考虑了每项模拟试题的文章长度、体裁和内容等搭配,做到了实用性、趣味性和知识性相结合。并根据样题和以往的考题,分析了命题的规律,提出了相应的解题方法。本文为能力测试最给力解析N1读解:男女の育児休業。

  問題四次のAとBはそれぞれ別のニュースサイ卜の記事である。AとBの両方を読んで、後の問いに対する答えとして、最もよいものを①·②·③·④から一つ選びなさい。

  A

  女性の育児休業取得率が90•6%とこれまでの最高を記録したことが、厚生労働省の調査で分かった。育児休業後の支援でも、約1年間の短時間勤務制度を導入している事業所の割合や、小学校就学時までの短時間勤務を続けることができる事業所の割合は、いずれも増加しており、育児休業に対する世の中の理解が広まってきたことが分かる。

  一方、男性の取得率は1•23%である。男女で育児休業取得率に大きな差が見られることについて専門家は、「女性はこれまで出産退職が多かったが、厳しい経済状況下、家計のために仕事を辞められない人が増えており、男性では育児休業取得によるリストラを不安に感じる人が増えているのだろう」と分析している。

  B

  厚生労働省の雇用均等基本調査にょると、男性の育児休業取得率は1•23%にとどまり女性の取得率90•6%との差が広がっていることが分かった。また、取得期間についても、女性では「10〜12力月未満」が最も多かったが、男性では「一ヶ月未滴」が過半数であった。

  男性が育児休業を取得しないのは、制度の利用にょって受ける不利益を心配してのことだと言われる。実際、制度取得後の労働条件は「明示しない」など、過半数の事業所で規定が不明瞭であった。

  厚生労働省は8年後までに男性の育児休業取得率を10%にするという目標を掲げている。しかし、調査結果を見ると、制度取得後の労働条件についての法整備なくして、この達成はかなり難しいと言わざるを得ない。

  [問1]AとBのどちらの記事にも触れられている内容はどれか。

  ①復職した後の短時間勤務制度。

  ②男性が育児休業を取得する期間。

  ③育児休業制度に対する世の中の理解。

  ④男性の育児休業制度が低迷している理由。

  [問2]男性の育児休業取得率の目標値の達成について、Aの筆者とBの筆者はどのような立場をとっているか。

  ①AもBも、ともに明確にしていない。

  ②AもBも、ともに悲観的である。

  ③Aは悲観的であるが、Bは明確にしてない。

  ④Aは明確にしていないが、Bは悲観的である。

  [問3]男女の育児休業取得率に差が広がった理由は何か。

  ①長期化する不況下での就業事情が異なるから。

  ②育児休業取得によって男女差別を受けるから。

  ③育児休業後に男性は労働条件が悪くなるから。

  ④育児休業に対する意識が異なるから。

  答案:[問1]④[問2]④[問3]①

  解说:

  [問1]两篇报道中都涉及的内容是选项④,即“男性的育儿假期制度低迷的原因”。

  从数字上看,无疑男性很少能够获取育儿假期,究其原因,A认为“男性では育児休業取得によるリストラを不安に感じる人が増えているのだろう”(很多男性会担心由于争取育儿假期而被解雇),B认为“男性が育児休業を取得しないのは、制度の利用によって受ける不利益を心配する”(男性不休育儿假期,是担心会由于制度而受到不公平待遇)。

  [問2]提出的问题是,对于男性休育儿假期的目标达成,A和B的作者各持什么观点。

  A中没有明确提出今后需要到达什么目标,B虽然提到了10%的目标,但“調査結果を見ると、制度取得後の労働条件についての法整備なくして、この達成はかなり難しいと言わざるを得ない”(从调查结果来看,如果关于该项制度实行的劳动条件没有得到法律的保护的话,那就不得不说〈这个目标〉是很难达到的),也就是持不乐观的态度。

  [問3]提出的问题是,男女在休育儿假期时存在差別,其理由是什么。

  在A中,专家对这个问题进行了分析:“女性はこれまで出産退職が多かったが、厳しい経済状況下、家計のために仕事を辞められない人が増えており、男性では育児休業取得によるリストラを不安に感じる人が増えているのだろう”(此前女性多是生了孩子就辞职,但是在严峻的经济情况下,也有很多人为了家庭生计而不辞去工作,同时男性当中也有更多的人担心会因为休产假而被解雇),也就是说不景气的经济因素占了主要,而在B中没有涉及。所以答案为选项①,即“因为经济长期不景气而造成的就业情况的差別”。

  其他选项的译文:

  [問1]①复职后的短时工作制度。

  ②男性取得育儿假期的时间。

  ③社会对于育儿休假制度的理解。

  [問2]①A和B都不明确。

  ②A和B都很悲观。

  ③A悲观,B不明确。

  [問3]②因为由于育儿休假的取得而受到男女差别对待。

  ③因为休了育儿假期后,男性的劳动条件会变差。

  ④因为对育儿假期的观点有所不同。

  文章大意的把握:

  男女在休育儿假期上存在着巨大的差异。一方面是社会对女性休产假非常体恤,有制度上的支持。而男性则会担心休了育儿假期会给工作带来不利的影响,这个问题如果没有法律上的保护,是不会有所改善的。

  词语注释

  割合:比例。

  いずれも:不论哪个都。

  掲げる:提出,指出。

  以上就是能力测试最给力解析N1读解:男女の育児休業的详细内容,阅读没有更好的办法,基本知识掌握牢固的前提下要多做练习,把握做题规律,祝各考生取得一个好成绩。更多资讯请继续关注JP日语学习网!