返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天声人语翻译:动漫工作室的火灾(7月21日)

时间:2020-03-26 09:51  
核心提示:《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好

  《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好方法。

  【天声人語】験をかつぐ 2019年7月21日

  好調が続く間は、ヒゲをそらない。左右の靴を履く順も、同じ。歩いて競技場に向かう道順も変えない。スポーツの世界ではそんな「験かつぎ」をよく聞く▼「ゴルフのタイガー・ウッズは勝負の日に赤色の服を着ることで有名。勝敗との因果関係はないとわかっても、過去の成功をなぞりたくなる。その心理に国境はありません」と話すのは情報工学が専門の寺田和憲(かずのり)・岐阜大准教授(47)。いまは米国の大学で研究中だ▼一流選手に限らず、一般の人もごく自然に験をかつぐことを、寺田さんらは実験で確かめた。被験者68人にリンゴかサクランボの模様が入ったスリッパを選んでもらい、ゴルフのパターを前後半で計15回打たせた。調べたのは後半のスリッパ選びだ▼実験の結果、前半の成績がよかった層で、後半に同じ模様のスリッパを履く人が8割を超えた。「験かつぎ、縁起かつぎは非科学的な行為。不合理といえば不合理ですが、その分、とても人間くさい」。ゆくゆくは人間くさいロボットを開発したいと話す▼さて参院選はきょうが投開票日。候補者の中には験をかついでトンカツなど食し、縁起のよい服を選んで、投票に赴く方も少なくないだろう。情勢が厳しいほど、神にもワラにもすがりたくなる人情は理解できる▼数ある選挙制度の中で、複雑怪奇さにおいて際立つわが参院選である。いまよりずっとシンプルで合理的で、しかもより欠点の少ない選挙制度がいつかは生まれると信じて、きょうの票を投じたい。

  迷信吉凶之兆

  状态不错时不刮胡子。穿鞋时左右脚的顺序也要保持不变。步行前往竞技场的路线也不要改变。体育界常常能听到那样的“吉凶迷信”。

  岐阜大学准教授,信息工程学专业的寺田和宪(47岁)说:“高尔夫选手泰格·伍兹因决赛日身穿红色衣服而闻名。即使知道穿着与胜负没有因果关系,他却还是想效仿过去的成功。那种心理是不分国界”。寺田现在正在美国大学进行着相关研究。

  寺田等人通过实验确认,不仅仅是一流选手,一般的人也会很自然地相信吉凶之兆。寺田测试团队让被测试的68人选择带有苹果或樱桃图案的拖鞋,前后两次各推杆15次,然后调查后半场所选的拖鞋。

  实验结果显示,如果前半场成绩不错,后半场选择穿相同图案拖鞋的人超过了8成。“迷信吉凶,迷信运数是没有科学依据的行为。尽管不合理,但这一点很人类”。寺田说,“将来想开发有人类特性的机器人”。

  下面话题转向参议院选举今天投票与开票的日子。候选人中就有人迷信吉凶,吃了猪排等(能获胜)的食物,穿上吉利的衣服,再前往投票的人不在少数。不难理解这种越是在形势严峻时,越是像抓住了神或救命稻草一样的人之常情。

  在众多选举制度中,我国的参议院选举制度尤其复杂奇怪。我相信比现在简单、合理,并且少有缺点的选举制度总有一天会诞生的。想到这,我想投出今天的这一票。




热门TAG: 翻译 火灾 人语