返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天声人语翻译:简易生命保险的恶性销售(7月14日

时间:2020-03-23 17:25  
核心提示:《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好

  《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好方法。

  訪問販売の古いやり方に「市役所の方から来ました」「消防署の方から来ました」というのがある。そう言って玄関に入れてもらい、消火器などを売りつける。役所や署の方角から歩いてきたのなら、ウソではない▼さてこちらの悪質セールス、たちが悪いのは郵便局の「方」からではなく、ちゃんと郵便局から来たことだ。かんぽ生命の保険をめぐり、客が損をするような商品に乗り換えさせていた事例が、数多く明らかになった▼「母は郵便局を信頼し、言われるままに契約した。お金をだまし取るような行為だ」。80代の母親の被害について、憤る男性の声が紙面にあった。養老保険を途中解約し、条件の悪い保険に入らされたという▼半年間は古い保険が解約できないとウソをつき、二重に保険料を取っていた例もある。それもこれもノルマをこなし手当を増やすためだったというから、客の暮らしは視野に入っていなかったか。不適切な契約は9万3千件にのぼる▼民営化を進める日本郵政はヌエのような存在だ。一面では、国の後ろ盾ゆえに安全・安心のイメージがある。しかし内実はどうやら、民間金融機関も真っ青のノルマ主義、もうけ主義のようだ。利益を出し株価を維持するのが狙いだろうが、完全に裏目に出た▼「お会いすることで、確かな安心を」。少し前のかんぽ生命のCMで、そんなセリフがあった。郵便局員にお会いしない方がよかったと悔やむ人が、今どれだけいることか。信頼の修復は容易ではない。

  简易生命保险的恶性销售

  上门推销这种古老的推销方法一般会自称“我来自政府部门那边”,“我来自消防部门那边”。然后推销人员得以进屋,推销灭火器等产品。他们的确是从市政厅和消防局所在的方位而来,也不算说谎。

  接下来的恶性的推销,其性质恶劣在于推销人员并不是来自邮局的方向,而是就是来自邮局。关于简易生命保险,被爆出发生数起让顾客更换对自己不利的保险套餐上。

  “母亲相信邮局,就按销售人员说的签了合同。这分明就是诈骗的行为”。有关80多岁老母亲的被害情况,一名愤怒的男子的声音刊登在本报上。据说中途解除养老保险的合约,被迫加入条件恶劣的保险。

  甚至有半年的时间里,谎称旧保险无法解约,收取双重保险费的事情发生。种种事例都是为了完成指标增加提成,而不顾老百姓的生活了吗。不当的合同高达9万3千起。

  逐步民营化的日本邮政变得就像鵺怪一般的存在。一面在国家的后盾下给人以安全安心的印象。但内在说到底还是民间金融机构苍白的指标主义,利润主义。虽然以产生利益来达到维持股价的目的,但完全事与愿为。

  “因为遇见,所以安心”。不久前,简易生命保险的广告中,有过这样一句广告词。后悔去见邮局的人,现在还有多少呢。修补信任并非易事。




热门TAG: 翻译 人语 简易