返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天声人语集萃:日本之母 与世长辞

时间:2020-04-06 10:49  
核心提示:《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好

  《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好方法。

  文化勲章も受けたし、国民栄誉賞にも輝いた。でも、自分にとっての森光子さんは松の湯のおかみさん。そう思う人は多いのではないか。昭和が薫るテレビドラマ「時間ですよ」での主演は、日本のお母さんを見るようだった

  她不仅被授予文化勋章,而且还荣膺国民荣誉奖,不过,对于自己来说森光子女士就是松汤浴室的老板娘。这么认为的人一定不在少数。享誉昭和时代的电视连续剧“到点啦!”中的女主角,见到她就像见到了大和民族的母亲。

  だが、そう思われることが、子のないご本人にはくすぐったかったそうだ。子ども時代は家庭の温かみを知らずにきたが、「ホームドラマの中でくすぐ家族に恵まれた」とも言っていた。いい「家族」に囲まれてこその、お母さんの存在感だったようだ

  可是,如此看法对于没有孩子的她本人来说,还觉得有点不好意思。她的童年并未能体会到家庭的温暖,所以她说“在家庭剧中让她感受到了亲情的温馨”。她就是一位生活在“家庭亲情”中的母亲形象。

  下積みの長い人だった。大阪の舞台で、劇作家の菊田一夫に見いだされた話は伝説だ。菊田が空港までのハイヤーを待っていた3分間に、8分ほどの即興ものを演じていた森さんを偶然に見た

  她是一位很长时间受到排斥的人。在大阪的舞台上被剧作家菊田一夫所发现的往事成了一段传说。在等待菊田到达机场这3分钟时间里,为了得到这份工作,他竟然即兴表演了相当于8分钟的内容。这就是在偶然中所看到的森女士。

  しかしシンデレラ物語ではない。東京へ誘いつつ菊田は言う。「君は越路吹雪のようにグラマーじゃない。宮城まり子ほどの個性もない。だからずっと脇役でいくんだね」。迷い悩み、それでも跳び込んだのは、本人の心意気を抜きに語れまい

  可是,这绝不是灰姑娘的故事。尽管菊田劝她来东京,但还是明确地对她说,“你既没有越路吹雪那么丰满,也不如宫城玛丽子那么有个性。所以,一直可能要担任配角,没问题吧?”虽然她也为此苦恼了许久,可最终还是进入了这个圈 子,这除了说明其本人具有宽宏大量的气度,还能有什么其他的解释呢。

  一代の当たり役、菊田の脚本による「放浪記」は演劇史上に輝く。41歳で主役の林芙美子役をつかみ、89歳まで演じた。人の世は移ろっても、人気は移ろうことなく、上演は2017回を数える

  她一辈子出演了这个被认可的角色,根据菊田的剧本排演的“放浪记”在其演艺史上写下了光辉的一笔。41岁那年抓住了主角林芙美子这个角色,并一直演到了89岁。即便人世辗转,可集中在她身上的人气并未转移,总共上演了2017场。

  「げたを足にひっかけて、ぽーんと放って、鼻緒が上か下か、どう出るかわからない。私、明日というものは、こういうものと思っています」と本紙に語っていた。上を向いた鼻緒をひとつ舞台に残して、92歳の幕が静かに下りた。

  他曾经对于本报说过这么一段话,“脚上耷拉着木屐,往外一踢,脚攀冲上还是冲下?是怎么出去的?根本就不知道。我认为明天就是这样的。”,就在她92岁的帷幕悄悄垂落下的时候,可以看见舞台上还留下了一只脚攀冲上的木屐。