返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

文学诗歌阅读有助提高大脑思维能力

时间:2020-07-16 04:26  
核心提示:簡単に理解できる作品は気軽に楽しく読めるかもしれないが、脳を鍛えてくれるのは古典・名作だけだ。英デイリー・テレグラフ紙はこのほど、「最新の研究によると、シェイクス

簡単に理解できる作品は気軽に楽しく読めるかもしれないが、脳を鍛えてくれるのは古典・名作だけだ。英デイリー・テレグラフ紙はこのほど、「最新の研究によると、シェイクスピアなどの純文学を読み、内容を振り返ることで、脳の思考能力が強化される」と報じた。

简单易读的作品也许看起来轻松愉快,但只有经典名著才能让你的大脑得到锻炼。英国《每日电讯报》近日报道,最新研究发现,阅读莎士比亚等作家的严肃文学作品,有助于提高大脑的思维能力,引发读者反思。

英リバプール大学の科学者・心理学者・言語学者は、30人のボランティアにシェイクスピア、ワーズワース、T.S.エリオットなどの名作を読ませ、脳の活動状況をスキャンした。その後さらに読書の内容を分かりやすい現代の作品に切り替え、ボランティアの脳を再びモニタリングした。その結果、「チャレンジ性」のある作家の散文や詩は、脳波を刺激しやすいことが明らかになった。活発な脳波は、脳が活発に反応していることを示す。科学者は、このような刺激は読書の興味を維持し、本を読み続けるのに役立つと指摘した。

英国利物浦大学科学家、心理学家和语言学专家合作,通过大脑扫描监控了30名志愿者在阅读莎士比亚、华兹华斯和T·S·艾略特等名家作品时大脑的活动情况,之后,将阅读内容换成简单直白的现代作品,并对参试者大脑再次进行监控。结果发现,更具“挑战性”的文学大家散文和诗歌能激发大脑更多的电活动,电活动越多,说明大脑反应越强烈。科学家表示,这种刺激有助于人保持阅读兴趣,继续阅读更多内容。

同研究はまた、詩を読むことにより右脳の活動が活発化し、読者に自身の生活と結びつけ反省を促すことを明らかにした。同研究の担当者、リバプール大学の英文学教授は、「純文学は大脳のロケットエンジンのようなものだ」と語った。中国人の場合は、四大名著(三国志演義、水滸伝、西遊記、紅楼夢)などの古典作品を読むことで、思考回路が豊かになるかもしれない。

研究还发现,阅读诗歌尤其有助于提高大脑右半球活动,帮助读者结合自身生活经历展开反思。新研究负责人利物浦大学英语教授戴维斯表示,严肃文学作品犹如大脑“火箭助推器”。这一研究启发我们,对于中国人来说,多阅读四大名著(三国演义、水浒传、西游记、红楼梦)等古典作品,也许更能让你转变思维,开拓思路。