返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

日语二级真题阅读模拟题(7)

时间:2020-07-14 02:12  
核心提示:次の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。 小学二年生のとき。隣に住んでいたダッグという友達が、親からバースデープレ

次の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。

小学二年生のとき。隣に住んでいたダッグという友達が、親からバースデープレゼントに「ウォーキートーキー」をもらった。つまり「携帯用無線電話器」だ。警察官や兵隊が使用するものと形はそっくり。ただし子供用に安っぽくできていて、通じる範囲はせいぜい百五十メーター。①それでも近所で遊ぶには十分だった。

ダッグが裏庭の塀の裏へ回り、僕は家の前の道を渡って木立に駆け込む。そして誰にも見られなかったことを確認した上で、ボタンを押して交信開始―「ポプラの木まできた。そっちはどこ?どうぞ」。

方々走りながら見えない相手と会話できるというのは、当時の僕らにとって衝撃的だった。けれど、互いの現在地を確認した後何を話すのか、中身の面では物足りなさ(注1)をいつも感じた。からかいあったり、小学生なりの世間話をしたり、戦争ごっこにもあの無線を随分使ったが、結局、互いの顔を見ながらしゃべったほうが楽しく、「コリンズおばさんの庭のスズカケの木で落ち合おう(注2)。どうぞ」と合流地点を決めて、スイッチをオフに。

今、東京の街を歩いていると、携帯電話の会話の断片があちこちから聞こえてくる。仕事の段取りや、部下を叱る上司、恋人をふっているような話などなど。だが、むかしダッグと二人で散々(注3)やった現在地確認の類いが、圧倒的に多い。車内で、②「いま電車」という言葉を何度耳にしたことか。

こっちは聞くつもりなんか毛頭ない(注4)のに、盗み聞きを強いられるというのが、気に障る(注5)主原因だろう。おまけに内容も、ほとんどが退屈なしろもので、少々興味をそそられるはずの別れ話さえ、ケータイで済まされてしまっていると、かなり殺風景(注6)だ。

ぼくはケータイを持たない。一種の食わず嫌いだが、在りし日のウォーキートーキーでだいたい、交信の限界がわかったのか。それに外を歩いているとき、電話に出たいとは思わない。歩きながら考えたいと思う。しかも、他人のケータイの会話に妨害されずに。

(アーサー・ビナード『日々の非常口』新潮社)

(注1)        物足りなさ:何か足りないようで、不満に思うこと

(注2)        落ち合う:ある場合で一緒になる

(注3)        散々:飽きてしまうぐらい何度も。よく

(注4)        毛頭ない:全くない

(注5)        気に障る:感情を害する。嫌な気持ちになる

(注6)        殺風景:あるべき雰囲気や感情が感じられなくて、興味が持てない

1 ①それでもとはどういうことか。

1 ウォーキートーキーが自分のものでなくても

2 ウォーキートーキーの形が良くなくても

3 ウォーキートーキーで会話しなくても

4 ウォーキートーキーの機能がよくなくても

2 ②「いま電車」という言葉を何度耳にしたことかとはどういうことか。

1 他人が「いま電車(の中です)」と携帯電話に向かっていうのを、筆者は何度も聞いた。

2 筆者に携帯電話がかかってきて、「いま電車(の中ですか)」と何度も聞かれた。

3 筆者が携帯電話で相手に「いま電車(の中ですか)」と何度も聞いた。

4 「いま電車(の中です)」というダッグの声を、筆者は携帯電話で何度も聞いた。

3 筆者がこの文章で最も言いたいことは何か。

1 子供のころウォーキートーキーで遊んだことは、私にとっていい思い出だ。

2 いまの携帯電話と子供のころのウォーキートーキーは、使われ方が全く違う。

3 現代でも、ウォーキートーキーさえあれば、携帯電話がなくても構わない。

4 ウォーキートーキーで遊んだ経験から言っても、携帯電話は持つ気になれない。

本期答案与解析:

1.

正解:4

解析:问题是“即便如此指的是什么”。

关键句:ただし子供用に安っぽくできていて、通じる範囲はせいぜい百五十メーター。但是是供孩子用的便宜货,通信范围也不过150米。因此本题的正确答案应该是选项4“ ウォーキートーキーの機能がよくなくても”。

2.

正解:1             

解析:问题是“多次听到‘现在在电车里’这个词是什么意思”。

关键句:今、東京の街を歩いていると、携帯電話の会話の断片があちこちから聞こえてくる。如今,漫步在东京的街头,随处可以听到手机通话的只言片语。因此本题正确答案应该是选项1 “他人が「いま電車(の中です)」と携帯電話に向かっていうのを、筆者は何度も聞いた。”

3.

正解:4

解析:问题是“笔者在本文中最想说的是什么”

关键句:ぼくはケータイを持たない。一種の食わず嫌いだが、在りし日のウォーキートーキーでだいたい、交信の限界がわかったのか。それに外を歩いているとき、電話に出たいとは思わない。歩きながら考えたいと思う。しかも、他人のケータイの会話に妨害されずに。我不带手机。虽然这是一种偏见,通过昔日的便捷无线电话大致可以了解通讯的范围。除此以外,当走在外面的时候,不想接电话。我想一遍走路一遍思考。但是,也不想被其他人的会话妨碍。由这一部分的内容可以看出,笔者是不想使用手机的。因此本题的正确答案就应该是选项4“ウォーキートーキーで遊んだ経験から言っても、携帯電話は持つ気になれない。”


热门TAG: 模拟题 日语 真题