返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

以毒攻毒:大作家们的负能量名言

时间:2020-07-13 22:44  
核心提示:歴史に名を残す作家、フランツ・カフカはこう言いました。 在历史上留名的大作家弗兰兹・卡夫卡曾经这样说过。 「ぼくの仕事が長くかかること、またその特別の性質からして、

歴史に名を残す作家、フランツ・カフカはこう言いました。

在历史上留名的大作家弗兰兹・卡夫卡曾经这样说过。

「ぼくの仕事が長くかかること、またその特別の性質からして、文学では食べてゆけないでしょう」

“我的工作需要花费很长时间去完成、并且由于它特殊的性质,所以只靠文学是无法生存下去的吧。”

世界の文学界に衝撃を与え,20世紀ドイツ文学を代表する作家の一人と認められた作家であるカフカ。言うまでもなく20世紀文学の最高峰に位置する作家だが、その作品はどれも出口のない絶望に塗りたくられている。

这位给予世界文学界巨大冲击、被认为是能够代表20世纪德国文学的作家卡夫卡,不用说大家都知道他是处在20世纪文学最高峰位置的大作家,不过,他的每部作品中都笼罩了一层无法言喻的绝望之感。

数々の名作を世に送り出したカフカですが…性格も相当ネガティブだったっぽい

听说为世间创造了很多名作品的卡夫卡,本人的性格也十分消极。

「とにかく作品そのものは、底の知れない悪作です。その悪作である理由を一行ずつ照明してあげることもできます」

“总之我的作品本身就是深不见底的坏作品。被称为恶作的理由,我甚至可以一行一行对照着指明。”

「『変身』に対するひどい嫌悪。とても読めたものじゃない結末。ほとんど底の底まで不完全だ。当時、出張旅行で邪魔されなかったら、もっとずっとよくなっていただろうに……」

“对《变身》这部作品感受到了很强烈的厌恶。以一种令人无法阅读下去的方式做了结尾,简直就是彻彻底底的不完全之作。当时,要是没有出差事项打扰的话,可能会好很多。”

女性関係についてもすごい言葉を残してる。

他对于女性关系上也留有十分厉害的名言。

「女性は、いやもっと端的に言えば結婚は、おまえが対決しなければならない実人生の代表である」

“女性,不,更加极端的说,婚姻是你必须面临的对决,也是真实生活的代表。”

「結婚はしてもしなくても後悔するものである」

“无论你是否结婚,终将后悔一生。”

「ぼくは父親になるという冒険に、決して旅立ってはならないでしょう」

“我对于成为父亲这项冒险,绝对不会踏上旅途。”

人生論を語った名言が絶望しすぎ。

他所阐述人生论的名言也十分绝望。

「あなたと世の中との戦いなら、世の中のほうに賭けなさい」

“如果你与这个世界较量,请为世界这方下注。”

「死ぬものは皆、生きている間に目的を持ち、だからこそあくせくして命をすり減らす」

“死亡是我们在活着的期间所持有的目的,正因为如此,我们才会辛辛苦苦忙忙碌碌地减少自己的寿命。”

「コミュニケーション下手の大先輩」と言われる作家江戸川乱歩。

被称作“不擅长交际的大前辈”的作家江户川乱步。

日本探偵小説興隆の祖とされることが多いが、その作風は、フェティシズム、グロテスク趣味?等の要素が強く極めて個性的なもの。

他被称为日本侦探小说兴盛之父,其文风包揽了恋物癖、猎奇兴趣等要素,极具个性。

みずからを「孤独癖」などと表現しているように、乱歩は幼い頃から人づきあいの苦手な、内にこもりがちな性格だった。友達が少なく、夜道を歩きながら、ひとり言をしゃべりつづた少年時代。飽きっぽく、コミュニケーション不得手だった。

就如他本身表现出来的“孤独癖”一般的症状,乱步自小就不擅长和人们交流,是比较孤僻、封闭内心的性格。他朋友很少,少年时代常常一边走夜路一边自言自语。性格上没长性比较容易生厌,不擅长和人交流。

ちょっとドロドロしたような名言。

他留有一些剪不断理还乱的名言。

「運命の鬼めは、甘い獲物を与えて人の心をためすのだ。そしてちょっとでも心に隙があったなら、大きなまっくろな口を開いて、ガブリと人を飲んでしまうのだ」

“名为命运的恶鬼,给予人们甜美的猎物试探人们的内心,然后一旦发现这个人的心里稍微有一点点缝隙,便会张开他漆黑巨大的嘴,连同那个人一起一饮而尽。”

「もともと生きるとは妥協することである」

“原本活着这件事就是不断妥协的过程。”

太宰治 日本を代表するあの作家も

太宰治 这位能够代表日本的作家也是

「太宰治=暗い…」。これはもう国民的常識。ネガティブなイメージの強い、太宰治。確かに、暗い言葉も数々残している。その名言、なかなかアクが強い…

“太宰治=黑暗”这几乎可以认为是国民性的常识了。太宰治给人们一种极端灰暗的印象。确实,他留有很多阴暗的语句。那些名言都太过于晦涩…

「君のような秀才にはわかるまいが、『自分の生きていることが人に迷惑をかける。僕は余計者だ』という意識ほどつらい思いは世の中に無い」

“像你这样优秀的人才可能不会理解吧,认为‘自己活着的这件事本身就在给别人添麻烦。我是一个多余的人’,世上没有什么想法比这个更令人痛苦”

「弱虫は、幸福をさえおそれるものです。綿で怪我するんです。幸福に傷つけられる事もあるんです」

“对于胆小鬼来说,幸福本身令人心生畏惧。棉布都会让他们受伤。他们甚至会被幸福伤害到。”

でも、逆に救われる部分もあったりして…。

不过,相反也有令人感到被救赎的部分。

今幸せな人は、いつ不幸になるかと恐れながら日々を過ごす。他人からの何気ない気遣いや配慮が重荷に感じることもある。

现在很幸福的人,恐惧着有朝一日不幸降临,惶恐地过着每一天。还对于他人无心的关怀与顾忌感到负担。

実に太宰治らしい、名言(弱音!?)。「幸福」とは何かということについて、深く考えさせられる。

实在是太宰治风格的名言(泄气话!?)。他的句子也让我们对“何谓幸福”进行了深刻的思考。

日本翻译者:我眼中的中国现代文学

文豪战斗物语:《文豪野犬》将动画化