返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

【美文赏析】天泣·天泣之时

时间:2020-07-01 12:38  
核心提示:天泣・天が泣く時             天が泣く......一瞬はっとしますが、雲がないのに降る雨のことです。 これには、天気雨のほかに、遠くに流れていった雲から雨が蒸発

天泣・天が泣く時            
 
天が泣く......一瞬はっとしますが、雲がないのに降る雨のことです。

これには、天気雨のほかに、遠くに流れていった雲から雨が蒸発しながら降る現象も含まれるそうです。

天気雨は、日照り雨、狐の嫁入りともいいますね。
 
もともと、狐の嫁入りとは、狐火が連なって見えることをいったそうです。狐火とは、別名、鬼火、火の玉のことです。夜、墓地や遠くの山などで連なって見える狐火は、まるで提灯を持った狐が嫁入りのために行列して行くように見えたのでしょう。やがて、天気雨の不思議さ、異様さを、人々は同じ狐の嫁入りという言葉で表すようになりました。

おろかな人間たちを見ていて、天が嘆くことも多いでしょう。でも、晴れわたったお天気の日の雨は、きっと、うれし泣きですね。

天泣·天泣之时    

天空流泪了……。一瞬间,让人不知所措,原本万里无云,却突降一场大雨。这就是所谓的“天泣”。

这种现象,有可能是所谓的太阳雨,也有可能是飘往远处的云朵上附着的雨滴被蒸发坠落,而形成的。

太阳雨,又叫日照雨,也被叫做“狐狸出嫁”。

“狐狸出嫁”原来说的是“狐火”连成一排向前移动的样子。“狐火”,又叫“鬼火”,指的是野地里的火球。深夜,在墓地或深山老林里看到的连成一排的“狐火”,就像提着灯笼,送女出嫁的狐狸,排着队向前行进。后来,人们将露着太阳还下雨这种奇怪的现象,也叫做“狐狸出嫁”了。

看着世间愚蠢的人们,老天爷也会时不时的唉声叹息吧。但是,碧晴的天空中,落下的雨滴,纵是泪滴,也一定是喜极而泣吧。

【词汇空间】

天気雨(てんきあめ):「名詞」太阳雨
日照り雨(ひでりあめ):「名詞」太阳雨
狐の嫁入り(きつねのよめいり):「名詞」比喻成排的鬼火或太阳雨
提灯(ちょうちん):「名詞」灯笼
愚か(おろか):「形容動詞」愚蠢的

喜欢这个节目吗?欢迎订阅!


热门TAG: 之时 赏析 美文