返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

【美文赏析】花冰·清凉之心

时间:2020-07-01 12:02  
核心提示:花氷・涼しげな心   花などを入れたまま作った氷のことです。氷に封じ込められた、いつまでも美しい花。いかにも涼しげです。 暑い夏をのりきるために、人々は、五感を駆使し

花氷・涼しげな心
 
花などを入れたまま作った氷のことです。氷に封じ込められた、いつまでも美しい花。いかにも涼しげです。

暑い夏をのりきるために、人々は、五感を駆使して涼しさを演出するいろいろな工夫をしてきました。

花氷、水中花。また、音としては風鈴…

エアコンが発達して、いつでも快適な温度が保てるようになった現代、想像を働かせて、気持ちを涼しくする必要がなくなりました。

そうしたこれらの「涼を呼ぶ」夏の風物詩もだんだん見かけなくなっていきました。

身体は暑くても、心は涼しかった昔。

そして、今、身体は涼しくても、心は涼しいでしょうか。
 
花冰·清凉之心
 
花冰,是将花儿浸在水中,冷制成冰。花被封冻在冰中,永远保持鲜艳美丽,给人一种沁人心脾的清凉。
  
为了熬过酷热的夏季,古时候的人们花费心思,操纵每个感官驱热散暑,演绎出各种各样的清凉。

有靠视觉感受清凉的花冰,水中花;还有靠听觉感受清凉的风铃……

现代社会,空调等制冷设备飞进千家万户,人们可以随时使周围保持适宜的温度,已经没有必要再靠操纵感官,通过想象来驱热了。

因此,那些描写“渴望清凉夏日”的诗句,也渐渐无从寻觅了。

古时的人们,虽然天气炎热,但是内心却能保持一种闲适与清凉。

而现在的人们,身体是凉爽了,但是内心呢?

【词汇空间】

封じ込める(ふうじこめる):「他動詞一段」封存,封入
いかにも:「副詞」的确,实在
乗り切る(のりきる):「他動詞五段」突破,渡过
五感(ごかん):「名詞」五感,视、听、触、嗅、味觉

喜欢这个节目吗?欢迎订阅!

 


热门TAG: 之心 赏析 美文