返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天声人语翻译:大泷秀治 与世长辞

时间:2020-03-30 14:45  
核心提示:《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好

  《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好方法。

  「芝居というものは、しみこむほど稽古をして、にじみ出せるようにする」。亡くなった大滝秀治(ひでじ)さんの芸への姿勢は、劇団の先輩、宇野重吉さんの教えでもあった。きびしい稽古ぶりをお聞きしたことがある。

  “所谓戏剧,就是要在排演中尽可能地吸收,并且还要能够向外渗出”,故世的大泷秀治先生对于艺术所表现出的态度也是剧团的老前辈宇野重吉祥先生对我们的教诲。我曾经听他说过有关严格的排演情况。

  40余年前、東京裁判をテーマにした舞台劇「審判」でのこと。大滝さん演じる日本人弁護人は裁判の正当性に根源的な疑問を投げかける。その重要なせりふに、演出の宇野さんは連日、これでもかとダメ出しをした。

  这是40多年前,上演一出以东京审判为题的舞台剧“审判”时发生的一件事。大泷先生所扮演的日本律师对于审判的正当性提出了一个根本性的疑问。对于这句重要的台词,舞台监督宇野先生连日来提出了多次NG,十分不满。

  「あまり興奮しないように」「正義の味方になってはいけない」「異議申し立てではない」「ごまめの歯ぎしりのように」「最後っ屁(ぺ)のように」。実に16通りもの注文がついた。びっしり書き込んだ台本を、大滝さんは大事にしていた。この大役で、遅咲きと言える花を咲かせる。

  “不能太亢奋”,“不能完全站在正义的一方”“并不是提出异议”“稍带有些耍横”“没办法的办法”,一下子提出了多达16个要求。大泷先生非常珍视这本密密麻麻地写满各种心得感受的剧本。正是这一重要的角色,使之成为了晚成的大器。

  娘さん2人が幼いころは「悪役」が多かった。時代劇では切られる、子どもは誘拐する。奥さんが娘とテレビを見ていたら「お父さんはあんなひどい人じゃないーっ」と泣きだしたそうだ。

  在2个女儿幼年时期,他扮演“坏人”比较多。在一些历史剧中经常招惹杀身之祸,要不就是拐骗小孩。据说,其夫人和女儿看到这样的电视剧都哭了起来,“他爸可不是这么坏的人噢!”

  その後の活躍と、齢とともに増していった存在感は誰もがご存じだろう。大まじめに話しながら、とぼけたユーモアがにじむ。巧まざる飄然、哀と歓。古酒の味わいにも似た円熟は、しみこむような稽古の賜だったに違いない。

  这以后的活跃程度,以及随着年龄增长而不断增加分量的存在感可以说家喻户晓。一本正经地说着话的同时还不时地掺进了些迷了迷瞪的幽默。并不精致的超脱,悲哀与欢乐。类似于醇香陈酒般的厚重。所有这些必定是聚沙成塔般的排演赐予他的成果。

  6年前にお会いしたとき、「テクニックというものには『たくらみ』が入っているんです」と話していた。にじみ出る味わいとは違う。そんな意味にお聞きした。享年87。枕元には舞台の台本が置かれていたそうだ。

  6年前见面的时候他说,“技巧中是投入了‘企图’的”,这与渗出的味道不同。听后我是这么理解的。享年87岁,听说那一出舞台剧剧本就一直放在他的枕边。