返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天海祐希:50岁,也不停止挑战。

时间:2020-06-20 21:44  
核心提示:映画やドラマなど数多くの作品で主演を努めてきた天海祐希。2016年は、4年半ぶりのドラマ主演(フジテレビ系『Chef~三ツ星の給食~』)で主題歌をユーミンとデュエットしたこと

映画やドラマなど数多くの作品で主演を努めてきた天海祐希。2016年は、4年半ぶりのドラマ主演(フジテレビ系『Chef~三ツ星の給食~』)で主題歌をユーミンとデュエットしたことでも話題に。そんな今のエンタテインメントシーンを牽引する女優である天海に、新たな年への想いを聞いた。2017年最初の主演作『恋妻家 宮本(こいさいか みやもと)』についても語ってくれた。

在电影和电视剧等许多作品中担任主演的天海祐希,2016年在时隔四年半主演的电视剧(富士台《Chef~三星级营养午餐~》)中和松任谷由实一起合唱了主题曲,成为了热门话题。在本次采访中,一举一动都会牵动着整个日本娱乐圈的女演员天海祐希畅谈对新的一年的想法并谈及2017主演的新电影《恋妻家宫本》。

――『恋妻家 宮本』はいろいろな世代の人物が登場するので、幅広い年齢層の方が楽しめる作品だと思いました。そのなかで50歳同士の夫婦を中心に物語が展開されていきますが、夫の陽平を演じた阿部寛さんとは久々の共演ですよね?
天海祐希:ジムが一緒なので偶然お会いすることもあれば、テレビCMでもご一緒していたのでわりとお目にかかる機会はあったんです。親戚のお兄ちゃんみたいに思っていて(笑)。1996年に放送されたドラマ『橋の雨』が、私にとって初めての民放ドラマ出演作で、許嫁役が阿部さんだったのですが、「20年経って夫婦役でご一緒できるなんて思わなかった」と今作の現場ではふたりで話したりしました。

——电影《恋妻家宫本》里会有很多不同年代的人物登场,我觉得这是部老少皆宜的作品。而这部电影是以一对50岁的夫妇为中心展开故事的,您和扮演丈夫阳平角色的阿部宽的再次合作时隔已久了吧?

天海祐希:因为我和阿部宽去相同的健身房健身,所以我偶尔会碰到他,而且电视剧广告之类的我们也有过合作,所以经常会有见面的机会。我把他当成哥哥一样看待。1996年播放的电视剧《桥的雨》,于我而言是我出演的第一部民放台电视剧,而在这部电视剧中扮演我未婚夫角色的就是阿部宽。后来我们两人在这部作品的片场也不禁感慨道“真没想到,过了20年我们还能因夫妻角色聚在一起”。

――当時を思うと感慨深いものがありますよね。
天海祐希:年齢を重ねていくと連ドラの主演がどんどん難しくなっていきますが、阿部さんは連ドラ主演を何年も続けていらっしゃいます。私もありがたいことに主演をいくつかやらせていただくなかで、阿部さんががんばっているから私もがんばろうと思える部分もあるんですよね。そんな話も阿部さんと今作の現場でたくさんしました。人としても役者としても阿部さんは心から信頼できる先輩です。

——回想起过去,会有感触很深的事情吧。
天海祐希:随着我年纪越来越大,主演电戏剧负担越来越重,而阿部宽接连好几年都在主演电视剧。所以我抱着感激之情主演作品时,也想着阿部宽还在努力着我也要跟着努力。这些话我在这部作品的拍摄现场和阿部宽聊过。不管是作为一个人还是作为一名演员,阿部宽都是我从心里信赖的前辈。

――阿部さんが演じた陽平さんは良い人だけど優柔不断で少しイラっとする面がありますよね(笑)。
天海祐希:イラっとしますよね(笑)。優しくて良い人ですけど、私が演じた妻の美代子にとってはいろいろ思うところも。ただ、今作には愛おしい人たちがたくさん出てくるので、自分の周りがこういう人たちばかりならいいのにと思うんです。もがきながら人生を一生懸命生きている人ばかりでみんな素敵ですから。

——阿部宽扮演阳平的这个角色虽然是个好人但是为人优柔寡断而且稍稍有让人火大的一面,对吧?
天海祐希:确实是挺让人火大的(笑)。虽然阳平是个温柔的好人,但是对于我扮演的妻子美代子来说,对于丈夫这样优柔寡断的地方也有很多需要顾虑的。不过,在这部作品中会也出现很多可爱的人,要是我的身边都是这些可爱的人就好了。都是一群边奋斗边努力活下去的人,大家都非常棒。

――美代子さんを演じるにあたり気をつけた部分はありますか?
天海祐希:よくそういった質問をいただくのですが、具体的に答えたことでそこを中心に観られてしまうのが苦手なんです。ですので、気をつけた部分というよりは、阿部さんが大きな体で小さな心を持った宮本陽平を演じてくださったおかげで、自然と側に寄り添う気持ちで演じることができたんじゃないかなと思います。脚本を書いてくださった遊川和彦監督からも的確な指示をいただいたので、とても演じやすかったです。「とにかく疲れた感じで」と現場で遊川さんがおっしゃって、「私、疲れているんだけどな……」なんて思ったり(笑)。背が高くて目立ってしまう私と阿部さんは、冴えない中年男と平凡な主婦に見えるように徹底して役作りしていたように思います。

——扮演美代子有什么需要特别注意的地方吗?
天海祐希:虽然经常被问到这个问题,但是我却不太擅长把它当作一个重点问题来具体回答。因为我觉得比起要注意的地方,阿部宽精彩扮演的有着巨大躯体却持有一颗细腻纤细的心的宫本阳平,更能让我自然地以相依偎的感情去饰演美代子这个角色。而且我还得到了撰写剧本的游川和彦导演恰当的指导,所以拍摄过程非常轻松。“觉得特别累......”在现场游川导演说道,我在心里想“虽然我也累啊但是......”(笑)个子高又显眼的我还有阿部宽,为了看起来像是没有魅力的中年男子和平凡的主妇,时刻保持着角色的状态,进行彻底的角色塑造。

――遊川監督とはドラマ『女王の教室』『演歌の女王』(日本テレビ系)など何度もお仕事されていますね。
天海祐希:遊川さんは、人生のちょっとした出来事のクスッと笑ってしまう瞬間や、人間ならではの切なさや愛しさなんかを大事にしていて、そういったことを盛り込んで脚本を書いてくださるんです。今作は重松清さんの小説『ファミレス』から宮本陽平と美代子のお話をピックアップしていて、優しいことや正しいことなど、こうであって欲しいという遊川さんの想いが脚本から伝わってきました。大事なことは全て台本に書かれているし、読めば読むほど理解できます。顔見知りのスタッフさんも多かったので、とても楽しい現場でした。

——电视剧《女王的教室》《演歌的女王》(日本电视台)等作品,您和游川导演合作过很多次吧?
天海祐希:游川导演曾说要重视人生中因微不足道的事噗嗤一声笑出来的瞬间、只有人才会有的悲伤与爱等等,把这些情感都写进剧本里。而这次的作品节选了重松清的小说《家庭餐厅》中宫本阳平和美代子的故事。令人觉得温柔的事情、正确的事情等等希望以这样的形式表现,游川的想法都通过剧本传达了出来。因为重要的事全写在了剧本上,你越研读剧本越能理解游川的意思。而且因为有很多认识的工作人员,所以片场特别欢快。

――陽平さんの台詞にある“正しさより優しさ”という言葉には考えさせられるものがありました。
天海祐希:そうですね。私も若い頃は白黒ハッキリつけたがることも多かったのですが、年を重ねるにつれてグレーであることや曖昧であることは決して悪いことじゃないんだと思えるようになりました。優しいことは優柔不断に見られたり中途半端に思われることもありますが、それでも優しさが必要なときが絶対にあります。白か黒かでコテンパンに誰かを叩くのではなく、グレーにしておいてあげて、いつかそのグレーが自分にとっては白だった、黒だったと気がつけばいいことだと思っていて。正しいことだけが正解じゃなく、優しいことも大事なんだと観てくださる方が感じてくださったら嬉しいです。

——阳平的台词“比起正确更重要的是温柔”的这句话会让人不禁思考很多吧?
天海祐希:确实如此。虽然我在年轻时也想要黑白分明判断事情,但是随着年纪的增长,我越来越觉得灰色的事和含糊不清的事的存在绝不是件坏事。虽然温柔总是被人看作优柔寡断或是做事半途而废,但是也需要有温柔的时候。并不能因或白或黑而批判某人,我觉得可以把事情置于灰色,未来的某一天注意到那个灰色对自己而言是白、或是是黑就行了。“只是对的事情不是真正的正确,温柔也是很重要的”如果看到这部电影的人能感受这一点我就很开心了。

――新たな1年が始まりましたが、昨年を振り返ってみていかがですか?
天海祐希:撮ってから半年後や1年後に公開される作品も多いので、「これいつ撮ったかな?」と思い出しつつ完成した作品を観るんです。すると当然ながら過去の自分が映っているので、過去の自分よりは成長していたいなと毎回思います。いろいろな現場でいろいろな人たちと力を合わせてひとつの作品を作るのですが、そこにはものすごいエネルギーが集まって、良いものが生まれていくんですよね。そういう経験をたくさんさせていただけることは財産になりますし、今年も昨年に負けないぐらい良い経験ができたらいいなと思います。

——新的一年开始了,回顾过去的一年您觉得怎么样?
天海祐希:因为多是拍摄半年或一年后上映的作品,所以我都是一边回想“这是什么时候拍的”一边观看制作完成的作品。影片记录着过去的自己,所以每次看的时候都希望现在的自己比过去成长多一些。演员和工作人员奔走在多个场地、集众人之力而完成一个作品,在这里面凝聚了许多能量,而这会诞生一部非常精彩的作品吧。如果能够让我多体验这种经历,这将会成为一笔宝贵的财产。

――映画、ドラマとさまざまな作品、役柄でご活躍ですが、出演作をどのような基準で決めていらっしゃいますか?
天海祐希:それが、実はお話をいただいた順で決めてるようなところがありまして(笑)。昔は台本を読んで決めたいなんて窮屈な考えもありましたが、連ドラや舞台は台本が完成していないものも多いんです。なので監督や共演者の方、役どころなどを大まかに聞いて直感でお受けするようにしています。自分で選んだからには、例え世間から「あの役は良くなかった」と思われたとしても自分では良くなかったと思わないようにしていて。お受けしたからには良いことも悪いことも、打たれることも調子に乗ることも(笑)、全部含めて私にとって必ず何か意味があったんだと思うようにしています。

——您参演的电影、电视剧和其他各种各样的作品、角色都非常的有人气,请问你是按照怎样的标准挑选作品的呢?
天海祐希:那个啊,实际上我有时是按照接到参演邀请的顺序决定的。虽然以前也有过读完剧本再决定这样不太灵活的想法,但是大多的电视剧和舞台剧的剧本都是还没写完的。所以后来一直是大致打听下导演和其他参演者,还有角色的各个方面等等凭着直觉接受邀请。既然是自己选的,那么就算外人看来“这个角色不好”,自己也要觉得这个角色好。既然我接下了这部戏,那么好的东西、坏的东西、打动人的东西、得意忘形的东西(笑),所有的东西对于我而言一定会有某种意义,我更倾向于让自己这么想。

――演じる役のバランスを考えることは?
天海祐希:お話をいただいたものに関しては、念のためマネージャーとすべて確認するようにしています。すべての作品のなかから、お互いの希望を話し合ってお話をいただいた順に決めていくことが多いです。自分ですべて選んでしまうと似たような役ばかりになってしまうと思うので、客観的に選んでもらったほうがバランスがとれていいのではないかなと。

——关于饰演角色的平衡,您是如何把握的?
天海祐希:关于接受到的参演邀请,为了慎重起见我都会和经纪人全部确定过后再决定。从所接受到邀请的所有的作品中,互相谈谈彼此的期望,然后再按照接受邀请的顺序来决定。因为我觉得都由自己来决定会导致所选的角色都非常类似,所以客观地让别人来选能使我饰演的角色保持平衡,不是吗?

――今年は『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』と映画が続きますね。
天海祐希:『奥田民生~』は1日だけの撮影でしたけどすごく楽しかったです。共演した松尾スズキさんは以前舞台でご一緒させていただいていますし、妻夫木聡さんは今回初めてご一緒しましたが、NODA・MAP(劇作家・野田秀樹が主宰する演劇集団)つながりで何度かお会いする機会もあったので良い雰囲気のなかで撮影できました。とてもおもしろい現場ではあったのですが「大丈夫かな?」と不安に思う要素も少しあったり……(苦笑)。

——今年也在继续《Cheer☆Dance 女高中生用啦啦队舞蹈征服全美的真实故事》《想成为奥田民生的男孩和让男人痴狂的女孩》等电影的拍摄吧。
天海祐希:虽然拍摄《想成为奥田民生的男孩和让男人痴狂的女孩》只有一天的时间,但是非常地开心。因为一起共演的松尾铃木以前曾在舞台剧合作过。这次和妻夫木聪虽然是第一次合作,但是因为在NODA・MAP(舞台剧本家野田秀树主管的剧团)和他有过接触,见过几次面,所以这次我能够在非常好的气氛中完成拍摄。真得是非常有趣的片场,但我也有点担心“这样真得没关系吗?”.....

――最後に、今年はどんな年にしたいですか?
天海祐希:2016年の何パーセントかキープして、2016年を超えるものが何パーセントかあって、何パーセントかは新しい経験ができるような良い1年になればいいなと思っています。

——最后请谈谈您对新的一年的希冀。
天海祐希:我想新的一年一部分要保持2016年的状态,然后也要有一部分超越2016年,最后再有一部分能有新的体验就行了。


热门TAG: 停止 也不 挑战