返回首页
当前位置: 主页 > 日语阅读 >

天声人语翻译:享受人生 快乐晚年

时间:2020-05-24 19:02  
核心提示:《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好

  《天声人语》是日本权威报纸《朝日新闻》编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。对于日语学习者,阅读和翻译它,无疑是了解日本、提高自己日语水平的大好方法。

  植物の知恵はいじらしい。強風や雷、水不足のストレスにさらされた大木は、小さくなって出直そうとするそうだ。樹木医の石井誠治さんによると、太い枝を新たな幹にするなど、世代交代がうまくいけば、巨樹は同じ遺伝子を継いで生き続ける(岩波ジュニア新書『樹木ハカセになろう』)

  植物的智慧令人怜惜。据说,遭受强风、雷劈以及水分不足等恶劣生态环境伤害的大树会自动缩小重新面世。据树医石井诚治先生的研究表明,通过对于粗壮枝干更新等方法成功地进行换代的话,可以继承与大树相同的遗传基因(岩波少年(junior)新书出版《我要当个树博士》)。

  石井さんと木々を訪ねた。神奈川県の真鶴(まなづる)半島ではスダジイ、クスノキ、クロマツの大樹が江戸時代から年輪を刻む。仰ぐたびに気(け)圧(お)された。「これほどの密生は珍しい」という。

  曾经和石井先生一起采访过一些大树。在神奈川县的真鹤半岛上有很多大叶栲(Castanopsis sieboldii)、香樟(Camphor Laurel)以及黑松(Japanese Black Pine)等树形高大的树木,镌刻在树身上的年轮均始于江户时代,抬头仰望,能给人以一种震慑感,“生长得这么密集,真是少见”。

  静岡県熱海市の来宮(きのみや)神社。屈指の大楠(おおくす)は瘤だらけで、もはや岩の趣である。その異形に、NHKの幼児劇で見た「かしの木おじさん」を思った。森の長老は物知りで、居眠りしながら主役の山猫たちを温かく見守る。

  在静冈县热海市的来宫神社,屈指可数的罕见巨楠树身上长满了瘤子,平添了不少岩石般的情趣。这等异形让我们想起了在NHK的幼儿剧中见到过的“青椆树爷爷”。森林中的长老知识渊博,它们打着吨并精心守护着林中主角山猫。

  加齢の理想像だろうが、昨今のお年寄りはずっと行動的らしい。元気で財布のひもが緩い高齢者を、商いの世界ではグランドジェネレーション(大いなる世代=GG)などと呼ぶそうだ。

  或许是延长寿命的理想形象吧,如今的老年人个个都是超越想象的行动派。在商界,他们把身体好又爱花钱的老年人称之为Grand Generation (奢侈的一代=GG)。

  若いうちは金がなく、働き盛りは暇がない、待ちわびた定年後には気力体力が尽き、残るは人生訓と説教癖。そんな通説を覆し、旅行に音楽会、おしゃれにグルメと、自ら楽しめる幸せな人たちである。

  年轻的当年穷得没有钱;年富力强的时候又没有了时间;等啊等啊,等到了退休之后精力和体力就差不多了,剩下的就只有人生格言和说教癖了。可这帮老年人都是些推翻这一般意义上的生活轨迹,又是旅游又是音乐会,赶时髦吃美食自娱自乐享受幸福的人们。

  オリックスのマネー川柳に〈かじられたスネ四本が行く足湯〉がある。GGの皆さま、どうか必要を超えて蓄えず、国内の温泉あたりで費やし、日本経済を回してほしい。それが、いわゆる世代間格差を和らげることにもなる。祝日に無粋な説法、お許しあれ。

  奥力科斯公司举办的金钱川柳活动中刊登过这么一首诗歌,<儿孙自有儿孙福,不当被啃双亲族,老夫老妻旅游去,泡泡温泉摆摆谱>。各位GG,希望你们不必过度存钱,到国内的温泉胜地消费去吧,以此来推动日本经济的复苏,而且,这么做也能够缩小代沟之间的差别。最后,请原谅我在此敬老之日所进行的口无遮拦的说教。



热门TAG: 人语 翻译 晚年