返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:日交通IC卡票价调整

时间:2020-05-22 18:04  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:日交通IC卡票价调整。

  日语一级听力音频资料:https://pan.baidu.com/s/1TRN_W342aXt_ZlOJpQMqVA

  日语一级听力原文:

  来年4月からの消費税率の引き上げに合わせて、国土交通省は、鉄道とバスのIC乗車券で「1円単位」の運賃を認めることを、今日正式に決めました。これによって、「10円単位」となっている券売機での料金と異なる、「二重運賃」になる可能性がありますが、国土交通省ではIC乗車券のほうが安くなるよう求めることにしています。

  国土交通省の発表によりますと、来年4月に消費税率が8%に引き上げられるのに伴う運賃改定では、鉄道とバスのIC乗車券で、「1円単位」の運賃を認めるとしています。今回の措置は、都市圏を中心にSuicaやPASMOなど、IC乗車券が普及していることを受けたものです。

  「来年4月の消費税率引き上げの際に、ICカードを利用した「1円単位」運賃を導入したいとしているところがあります。消費税率の引き上げ分をより正確に転嫁する観点から、認める方針であります」。

  ただ券売機や料金箱では、当面「10円単位」しか対応できないことから、来年4月以降、同じ区間でもIC乗車券と切符で料金が異なる「二重運賃」になる可能性があります。このため国土交通省では、IC乗車券を使った「1円単位」の運賃のほうが、「10円単位」に比べてつねに安くなるか、同じになるよう、交通各社に求めることにしています。

  交通各社では、JR東日本のほか、東急電鉄、小田急電鉄、東京メトロなど、IC乗車券の利用者が多い首都圏の会社が、「1円単位」の運賃の導入を検討していますが、大阪や名古屋の各社は慎重な姿勢を示しています。

  日语一级听力译文:

  为配合明年4月份消费税上涨,国土交通省今天正式决定,将对铁道和巴士IC乘车卡实行“1日元单位”票价。据此决定,IC乘车卡的新票价将和“10日元单位”售票机上的票价不同,有可能会出现“双重票价”,而国土交通省将寻求降低IC乘车卡的票价。

  根据国土交通省发表的情况来看,随着消费税明年4月份上涨至8%,在票价变更方面,铁道和巴士IC乘车卡将实行“1日元单位”的票价。此次措施的前提是都市圈普及使用Sucia和PASMO等IC乘车卡。

  “明年4月消费税上涨之际,我们将利用IC卡导入“1日元单位”的票价。这是将消费税上涨的部分更加准确地转嫁而采取的方针。”

  但是售票机和金额箱中目前只能处理“10日元单位”的票价,因此明年4月之后,在相同乘坐区间可能会出现IC乘车卡和车票的价格不同的情况,形成“双重票价”。因此国土交通省表示,使用“1日元单位”的IC乘车卡是否会一直比使用“10日元单位”的乘车卡更便宜,或者二者价格相同,他们正就此向各交通公司征询意见。

  各交通公司中,除JR东日本外,东急电铁、小田急电铁、东京Metro等东京首都圈内乘客IC卡使用量较大的公司均开始探讨引入”1日元单位“的票价,然而大阪和名古屋的各公司则持谨慎态度。

  以上就是日语一级听力练习:日交通IC卡票价调整的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 日语 听力 票价