返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:近半数被动吸烟来自于餐饮场

时间:2020-05-19 14:00  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:近半数被动吸烟来自于餐饮场所。

  日语一级听力音频资料:

  日语一级听力原文:https://pan.baidu.com/s/1pMTQPg3

  他人のタバコの煙を吸い込む「受動喫煙」について、厚生労働省が調べたところ、「飲食店」で経験した人がもっとも多く、全体の半数近くを占めたことが分かりました。

  厚生労働省は去年11月、タバコを吸っていない5600人あまりを対象に、他人のタバコの煙を吸い込む受動喫煙の状況について調査を行いました。

  この中で、1か月間に受動喫煙を経験した場所について複数回答で尋ねたところ、「飲食店」がもっとも多く全体の47%を占め、前回平成23年の調査に比べ2ポイント増加しました。

  次いで、ゲームセンターやパチンコ店などの「遊技場」が36%、「職場」や「路上」が33%、「子どもが利用する公園や通学路など」が13%でした。

  また、受動喫煙対策を望む場所でもっとも多かったのは、「路上」が43%、次いで「飲食店」が42%、「子どもが利用する公園や通学路など」が37%でした。

  厚生労働省は「飲食店や職場などで受動喫煙を経験する人の割合は、依然として高い状態が続いている。分煙や禁煙の呼びかけを進めていきたい」としています。

  日语一级听力译文:

  厚生劳动省对吸他人二手烟的“被动吸烟”情况进行了调查,(据悉,)在“餐馆”有过“被动吸烟”经历的人数量最多,占到了全体的近半数。

  厚生劳动省于去年11月,以不吸烟的5600多人为对象,进行了吸他人二手烟的“被动吸烟”相关情况的调查。

  调查对受访者进行询问,让其多项选择1个月里经历过“被动吸烟”的场所,回答“餐馆”的人最多,占到了全体的47%,与上一次平成23年的调查相比,增加了2个百分点。

  接着是电子游乐场和弹子球店等“游艺场”36%,“工作单位”和“路上”占到了33%,“孩子经常去的公园和上学的路等”为13%。

  此外,在“被动吸烟”的场所中,受访者希望采取对策的最多的是“路上”,占到了43%,接下来是“餐馆”,为42%,“孩子经常去的公园和上学的路等”所占比例为37%。

  厚生劳动省认为,在餐馆和工作场所等地经历“被动吸烟”的人的比例依然居高不下,其欲继续推进呼吁(设立吸烟室等)划分吸烟与禁烟的地方和时间段以及禁烟。

  以上就是日语一级听力练习:近半数被动吸烟来自于餐饮场所的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 来自于 听力 日语