返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:西日本出现创纪录暴雨天气

时间:2020-05-18 09:57  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:西日本出现创纪录暴雨天气。

  日语一级听力音频资料:https://pan.baidu.com/s/1NRoERKxx4vfZb01smnBNdg

  日语一级听力原文:

  大気の状態が不安定になっているため西日本を中心に激しい雨が降っています。九州や近畿などでは明日にかけて大気の不安定な状態が続くため、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。

  気象庁によりますと、西日本を中心に湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になっていて、局地的に雨雲が発達しています。今日の未明から朝にかけては北陸で雨雲が発達し、福井県では局地的に猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を相次いで発表しました。これまでの雨で、富山県と石川県、それに熊本県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があります。西日本を中心に明日にかけても大気の不安定な状態が続く見込みで、九州や近畿、北陸などでは、局地的に雷を伴って1時間に50ミリから60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。明日夕方までに降る雨の量は多いところで九州北部で150ミリ、北陸で120ミリ、近畿で100ミリなどと予想されています。

  気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに落雷や竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

  日语一级听力译文:

  由于大气状态的不稳定,全国以西日本为中心下起暴雨。九州,近畿等地到明天为止大气不稳定的状态仍将持续,局部地区将可能有强暴雨,气象局呼吁加强对泥石流和低洼地区浸水的戒备。

  气象局指出,湿空气以西日本为中心流入,造成大气状态不稳定,局部地区生成大片雨云。今天黎明前到早晨北陆出现大片雨云,福井县局部地区下起暴雨,气象局因此连续发布了“创纪录的短时间大雨信息”。到目前为止由于降雨,富山县和石川县,还有熊本县都出现了泥石流高危地区。由于以西日本为中心,预计到明天为止大气仍将呈现不安定状态,九州,近畿和北陆等地区将有可能遭遇每小时50到60毫米的强雷雨。雨量到明天傍晚为止都会很大,预计其中九州北部为150毫米,北陆为120毫米,近畿为100毫米。

  气象局呼吁大家在提防泥石流,低洼地区浸水,河流涨水的同时也要小心落雷和龙卷风等灾害。

  以上就是日语一级听力练习:西日本出现创纪录暴雨天气的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 日语 创纪录 日本