返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:皇宫禁苑发现鹅掌草新品种

时间:2020-05-08 09:07  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:皇宫禁苑发现鹅掌草新品种。

  日语一级听力音频资料:

  日语一级听力原文:https://pan.baidu.com/s/1raqSnPq

  天皇皇后両陛下のお住まいがある皇居の吹上御苑で、新種の植物が見つかり、フキアゲニリンソウと名づけられました。発見した国立科学博物館が近く発表することにしています。

  これは国立科学博物館が、平成21年から去年まで皇居などで行った生物調査で見つかったものです。発見されたのは、ニリンソウというキンポウゲ科の植物の仲間で、両陛下のお住まいの御所がある吹上御苑で見つかったことから、フキアゲニリンソウと名づけられました。フキアゲニリンソウは、高さが40センチから50センチと通常のニリンソウの倍近くあり、雨が降ると花が下を向くといった特徴があるということです。

  皇太子ご一家などが暮らす赤坂御用地でも見つかりましたが、国内外のほかの場所では生息が確認されていないということで、博物館が近く新種として発表することにしています。フキアゲニリンソウは両陛下の散策コースの脇に群生し、ちょうど今、満開の時期を迎えていて、両陛下は新種だったことを知ると、驚くとともに大変喜ばれていたということです。

  調査を行った博物館の門田裕一名誉研究員は、「かつて珍しい植物として献上されたものが生き残ってきた可能性もある。皇居には武蔵野の里山の環境が残され、植物が生きていくのにとてもよい環境になっているのでしょう」と話しています。

  日语一级听力译文:

  在天皇皇后居住的名为吹上御苑的皇居里,发现了新的植物品种,并被命名为吹上鹅掌草。发现此植物的国立科学博物馆将于近期发表声明。

  此植物是国立科学博物馆从平成21年至去年的时间段里,在皇居等地进行生物调查时发现的。被发现的植物是名为鹅掌草的毛茛科植物种类,因为是在两陛下居住的吹上御苑所发现,所以命名为吹上鹅掌草。吹上鹅掌草高40至50公分左右,尺寸是普通鹅掌草的近两倍,下雨时会呈现花朵下伏的特征。

  在皇太子一家所居住的赤坂御用地也发现了吹上鹅掌草,由于确定国内外的其它地方没有发现此物种,所以博物馆于近期将其作为新物种发表。吹上鹅掌草生长在两位陛下平时散步的路线边上,现在正值其盛开的时节。两陛下得知其为新物种时,惊讶同时也甚是喜悦。

  进行调查活动的博物馆名誉研究员门田裕一表示:“其有可能是过去作为珍贵植物被进贡而得以留存。皇居里保留着武藏野里山的环境,非常适合植物的生长。”

  以上就是日语一级听力练习:皇宫禁苑发现鹅掌草新品种的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 鹅掌 日语 新品种