返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:使用iPS细胞成功再现心脏难症

时间:2020-04-29 01:47  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:使用iPS细胞成功再现心脏难症。

  日语一级听力音频资料:

  日语一级听力原文:https://pan.baidu.com/s/1boGK7Yv

  突然死の原因にもなる心臓の難病「肥大型心筋症」の患者からiPS細胞を作り出し、心臓の筋肉が病気になっていく状態を再現することに慶応大学のグループが成功しました。

  特定の物質を投与したところ症状の改善も確認されたということで、グループでは治療薬の開発につながる可能性があるとしています。

  慶応大学の福田恵一教授らのグループは突然死の原因にもなる難病「肥大型心筋症」の患者からiPS細胞を作り出し、心臓の筋肉の細胞に変化させました。

  そして血管を収縮させる働きがある「エンドセリン」と呼ばれる物質を加えたところ、細胞ひとつひとつが異常に大きくなるなどの肥大型心筋症に特有の変化が確認されたということです。

  さらにこの細胞にエンドセリンの働きを抑える薬を加えたところ、大きくなった細胞が正常な細胞に戻ることも確認されました。

  この薬は、すでに一部の高血圧の治療など医療現場で使われているということです。

  日语一级听力译文:

  庆应大学的研究小组从也能成为猝死原因的难症“肥厚型心肌病”的患者身上制造出了iPS细胞,并成功地再现了心脏肌肉如何发生病变的情形。

  在用特定的物质给药之后,发现症状得到了改善,因此这有可能关系着小组对治疗药物的开发。

  庆应大学的福田惠一教授他们的小组从也能成为猝死原因的难症“肥厚型心肌病”的患者身上制造出了iPS细胞,使心脏肌肉的细胞发生了变化。

  接着在注入了可使血管收缩的被称作“内皮素”的物质之后,马上出现了细胞一个一个地异常变大等现象,这正是“肥厚型心肌病”特有的变化。

  而且在这些细胞里注入抑制内皮素发生作用的药物之后,会发现变大的细胞又恢复到了正常状态。

  这种药物已经在一部分高血压等疾病的治疗上开始临床使用了。

  以上就是日语一级听力练习:使用iPS细胞成功再现心脏难症的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 日语 听力 再现