返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

练习日语听力时可以看文字解说吗?

时间:2020-06-26 08:58  
核心提示:聴解練習は文字を見てもいいのでは? 练习听力时可以看文字解说吗? 日本語学習者の皆さんと話していると、ときどき意味がわからないのに「文字を見てはいけない」と指示されて日

  聴解練習は文字を見てもいいのでは?

  练习听力时可以看文字解说吗?

  日本語学習者の皆さんと話していると、ときどき意味がわからないのに「文字を見てはいけない」と指示されて日本語の音声を繰り返し聴き込んでいるという人に出会うことがあります。しかし、僕が日本語教師としてではなく、一人の語学学習者としての自分の体験から感じる限り、これって単に苦痛であるだけなく、あまり効果的でもないような気がします。

  和日语学习者谈话时,遇到过这样的人。很多时候他们明明不懂句子的意思,却被要求不能看文字解说,只能反复地听日语发音。但是,如果我丢掉日语教师的身份,从作为一个日语学习者的自身体验来说的话,这样不单只是痛苦,还没什么效果。

  というのも、聴解の能力というのは、基本的に「その音と意味が結び付けられるようになる」ということですよね。意味がわからないまま何度繰り返して聞いても、音と意味が結びつくようにはならないのではないかと思うのです。たとえばモールス信号をずっと聴き込んだらモールス信号の意味が分かるようになるんでしょうか。

  这样说是因为所谓的“听解能力”,基本的要求是“能够把发音跟意思相结合”。不知道意思的情况下即使多次反复听,发音和意思不是也结合不起来吗。比如说一直听摩斯电码就会明白它的意思吗。

  母語として僕たちが日本語の聴解力を身につけたときも、「おっぱいほしいの?」「ぽんぽん痛いの?」という音声が、空腹感とか腹痛といったその場の状況から意味に結びついていって、それで次に「おっぱい」「ぽんぽん」という言葉が聞こえた時に、その意味が分かるようになると思うんですよね。

  作为母语我们在掌握日语听力时,首先把“想喝奶吗?”“肚子痛吗?”等声音和饥饿感、肚子痛等当时的情况结合起来,然后再听到“おっぱい”“ぽんぽん”等词的时候就明白了其意思。

  ところが、聴解用の音声データをスマホなどで聞いているときは、そうした音声外の情報がまったくありません。こうした状況では、いくら音声を聴きこんでも文脈以外に頼るものがなく、結局、意味が分からないまま無駄に時間を費やしてしまいがちです。

  但是,用智能手机等听听解用的声音数据时,完全没有上述那种声音以外的信息。这种情况下,无论听多少次,除了文章的前后关系没有可以依赖的,结果没有理解意思白白浪费了时间。

  母語を身につける赤ちゃんと違って、僕たち成人が外国語を学ぶときは、だいたい文字も一緒に習うことが多いですし、文字があればその意味を調べることも簡単です。ですから、音声データを聴く練習をするときは、一回か二回ぐらいは文字を見る前に聞いた方がいいかとは思いますが、何回聞いても分からない部分はさっさと文字を見て「あー、ここはこんなこと言っていたのか!」とその音と意味を結びつけてしまった方がいいと思います。もちろん、それで終わりにしてしまったら音と意味が結びつかないので、その後、ちゃんと意味が分かった状態で何度も聴きこむわけですね。そうすれば次にまったく別の文脈でその表現が出てきた時に、ちゃんと聞き取れる可能性は高くなります。

  和学习母语的婴儿不同,我们成年人在学习外语时,大体上跟文字一起学习的情况比较多,只要有了文字,很容易就能查到意思。所以,在听声音数据练习时,在看文字前先听一回两回比较好,如果听了几遍还是不理解的部分就快去看文字,“啊,这里说的是这个意思呀!”……这样把声音和意思结合起来反而比较好。当然,这样就结束的话还不能把发音和意思结合起来,之后,在知道了意思的状态下要多听几遍。这样下次在其他完全不同的上下文中出现这种表达的话,就很可能能听懂了。

  特に、自律学習として自分の好きなアニメの音声を繰り返して聴き込んでいる学生などには、こうしたアドバイスが非常に有効ではないかと思います。

  特别是对于作为自学反复听自己喜欢的动漫对话的学生来说,我认为这个建议很有效。

  僕も映画の音声で英語を勉強しているときに、食べ物の話などしていないところで「Spaghetti!」という声が聞こえるのが不思議で仕方がなかったので文字を見てみたら、実は「Just forget it!」 だったという悲しい思い出があります。しかし、一度分かってみるともう「Spaghetti!」には聞こえなくなるんですよね。

  我在用电影对话学习英语时也曾发生这样的悲剧,在不是谈论食物的对话中听到了“Spaghetti!”这个词,感到不可思议于是看了字幕,发现原来说的是“Just forget it!”。但是一次搞明白了下次就不会再听成“Spaghetti!”了。

  もちろん、文脈から意味を類推していく練習は、聴解でも読解でも必要でしょう。しかし、それができるのは、あくまでも「音素は聞き分けられるがその言葉を知らない」というような状況の時です。しかし、聴解力の問題の多くは、上記のspaghettiのように、単純なことしか言っていないのにそれがそのとおりに聞こえないというところにあります。その場合は、さっさと文字を見て、音と意味を結びつける必要があるのではないでしょうか。

  当然,根据上下文关系类推其意思的练习,不论对听力还是阅读都是很必要的。但是能推理出的情况不管怎么说总是在“能听辨出音素但不知道词语意思”的情况下。听力问题的多数都是像上述spaghetti那样,虽然只是简单的单词,但却不能正确地听辨出来。这时,就要马上看文字,把发音和意思联系起来。


热门TAG: 解说 听力 日语