返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:日本印刷厂多名员工患胆管癌

时间:2020-06-17 03:02  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:日本印刷厂多名员工患胆管癌死亡。

  日语一级听力音频资料:https://pan.baidu.com/s/1w9YBvbTE-kifwQcEoU7S2w

  日语一级听力原文:

  大阪と宮城の印刷会社で従業員らが胆管にできるがん=「胆管がん」を発症した問題で、厚生労働省が、全国561の印刷会社を調査した結果、新たに東京、石川、静岡にある3つの事業所の合わせて3人が胆管がんを発症していたことが分かりました。この問題は、大阪府内の印刷会社でインクの洗浄作業に関わっていた元従業員の男性12人が、胆管がんを発症し7人が死亡したほか、宮城県内の印刷会社でも従業員2人が胆管がんを発症したもので、厚生労働省は洗浄剤に含まれる化学物質が原因となった可能性があるとして、全国561の印刷会社の事業所を対象に調査を進めていました。その結果、静岡県の40代の男性と東京の70代の男性、それに、石川県の60代の男性の3つの事業所の合わせて3人が胆管がんを発症していたことが新たに分かりました。このうち東京と石川の2人はすでに死亡しているということです。また、有害性の高い化学物質が含まれているとして規制の対象となっている合わせて54の化学物質を扱っている事業所のうち、78%に当たる383か所では換気が不十分など安全対策に何らかの問題があったということで、厚生労働省は対策を徹底するよう指導することにしています。

  日语一级听力译文:

  就大阪、宫城的印刷公司的从业人员胆管癌变=被检出【胆管癌】的问题,厚生劳动省对全国561家的印刷公司调查结果显示,新东京、石川、静冈等3家企业共计3人被查出患有胆管癌。该问题是由于大阪府内的一家印刷公司的12名原来从事墨粉的洗净相关工作的男性被检出患有胆管癌其中7人已经死亡。另外,宫城县的印刷公司的2名从业人员也被检查出患有胆管癌。厚生劳动省称可能是用来清洗印刷机的有机溶剂中所含化学物质所导致的,并对全国561家印刷公司的企业所进行调查研究。结果显示,又有静冈县的一名40多岁的男性、东京的一名70多岁的男性,以及石川县的一名60多岁的男性3家企业共计3人都被检查出患有胆管癌,其中东京和石川的2名患者已经死亡。另外,发现经营含高有害化学物质,涉及54种的化学物质的企业中78%的383家都存在通风换气设施不完备等有关安全对策的问题,厚生劳动省正在制定相关对策规则,并将指导预防措施。

  以上就是日语一级听力练习:日本印刷厂多名员工患胆管癌死亡的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 多名 日语 日本