返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

日语一级听力练习:日政府为利用急救直升机制定

时间:2020-06-03 22:24  
核心提示:对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来

  对于中国考生来说,日语听力在日语考试中是一个普遍的拉分项,日语学习中听力的培养是很重要的,练习听力也没有什么捷径可言,必须循序渐进,多多练习,本篇文章就为大家带来了一篇日语一级听力练习:日政府为利用急救直升机制定指南。

  日语一级听力音频资料:

  日语一级听力原文:https://pan.baidu.com/s/1eR5itTS

  医師や看護師が乗り込んで患者を治療しながら搬送するドクターヘリについて、厚生労働省の研究班は現場の混乱などから出動しても活動に至らないケースが相次いだ東日本大震災を教訓に、災害が発生した地域の300キロ圏内にあるヘリコプターがまず現場に向かうなどとするガイドラインを初めて作成しました。

  ドクターヘリは、医師や看護師が乗り込んで、患者を治療しながら医療機関に搬送するヘリコプターで、現在全国36の道府県に44機配備されています。東日本大震災では、16機のドクターヘリが合わせて142人のけが人などを搬送しましたが、出動するにはヘリコプターを所有する自治体の承認が必要なため、時間がかかったり、現場の混乱で情報が正確に伝わらなかったりしたため、出動しても活動に至らなかったケースが相次ぎました。

  震災を教訓に、厚生労働省の研究班は、災害時にドクターヘリを有効的に活用しようと、初めてガイドラインを作成しました。このなかでは、自治体の承認がなくても厚生労働省の要請で、災害が発生した地域の300キロ圏内にあるドクターヘリが24時間以内に現場に向かうとしています。そして、GPSを活用し、現地の災害対策本部とドクターヘリが情報を共有するとしています。厚生労働省はガイドラインに沿った運用をそれぞれの自治体に求めていくことにしています。

  日语一级听力译文:

  急救直升机搭载医生和护理员,能让患者在被运送的途中接受治疗。东日本大地震发生时,由于现场混乱等原因,使得出动的急救直升机派不上用场的情况接连出现。厚生劳动省研究小组汲取东日本大地震的教训,制作了首份急救直升机使用指南,规定灾区方圆300公里内的急救直升机在灾难发生时要首先飞往现场等。

  急救直升机是载有医生和护理员、让患者在被送往医疗机构的途中接受治疗的直升机。现在全日本36个道府县配备了44架这样的直升机。东日本大地震中,16架急救直升机共运送了142名伤员。但是,当时出动直升机必须获得拥有该直升机的自治体批准,以至于耗时过长、现场混乱造成信息传达有误,使得出动的急救直升机派不上用场情况的接连出现。

  厚生劳动省研究小组汲取东日本大地震的教训,为了今后能在灾难发生时有效利用急救直升机,制作了首份急救直升机使用指南。指南规定,即使未获自治体批准,只要厚生劳动省提出要求,灾区方圆300公里内的急救直升机就须在24小时内抵达现场。并且,灾区的救灾指挥部与急救直升机要通过灵活使用GPS共享相关信息。厚生劳动省将要求各自治体逐步按照指南来有效利用急救直升机。

  以上就是日语一级听力练习:日政府为利用急救直升机制定指南的全部介绍,听力水平要想提高一定要持之以恒地练习哦!


热门TAG: 日语 直升机 急救