返回首页
当前位置: 主页 > 日语听力 >

福山润:TimeWalker冲田总司之作为冲田总司

时间:2020-03-28 13:22  
核心提示:大家好,之前我们讲的是YUSA大人的妹控系列,今天给大家换个口味=v=新撰组系列~~~,讲的是历史上的一些代表人物。这次,让我们穿越时空,倾听福山润为我们讲述冲田总司大人的物语。
大家好,之前我们讲的是YUSA大人的妹控系列,今天给大家换个口味=v=新撰组系列~~~,讲的是历史上的一些代表人物。这次,让我们穿越时空,倾听福山润为我们讲述冲田总司大人的物语。幕府の力だけで抑えきれなくなった過激な攘夷運動を行う不逞浪士たちを取り締まる。それが京の都での新撰組の役割だった。そのため、昼は不逞浪士が狼籍を働いていないか市中を見まわり、役目がないときは、屯所で新米隊士たちに稽古をつける。それが新撰組隊士となった俺の日課だった。別に本物の沖田総司に成り代わろうと思ったわけじゃない。ただ、この時代の人間ではない俺に、ほかに行く宛はあるわけもなく、新撰組の沖田総司として生きるしかなかっただけだ。 最初の頃はいつ正体がバレるかとひやひやしていたが、すぐそれは杞憂だと思うようになった。実際、沖田が子供の頃から付き合いがある近藤さんと土方さんも俺の演じる沖田総司に対して違和感を覚えていないようだった。当然といえば当然かもしれない。変わったのは中身だけで、沖田総司としての外見はまるで変わっていないのだ。さらに俺の体にはそれまでの沖田総司の記憶や知識がある程度残されていたため、生活習慣の違いなどでもぼろを出すこともなかった。ただ、やはり自分とはあまりにもかけ離れた人物を演じるのには限界があった。もともと、人付き合いが苦手な俺は何かにつけて声をかけてくるという隊士たちへの対応に四苦八苦する羽目になってしまったのだ。天才剣士という後世のイメージとは異なり、史実の沖田はいつも冗談ばかりを言っているムードメーカーのような存在だったらしい。そのため、隊士たちは一様に沖田を慕っていたのだ。 だが、そんな俺の力になってくれる人物がいた。それが山南さんだった。山南敬助、新撰組の副局長であり、北辰一刀流の免許皆伝の腕前ながら、教養もあり、穏やかで、人当たりのいい性格の人物だった。ある日、その山南さんが俺に声を掛けてきたのだ。「沖田君、あまり元気が無いようだけど。何か悩み事でもあるのかい。」いつものように近所の子供たちの鬼ごっこに付き合わされていた俺は、その声に慌てて振り返った。するとそこに、からかうような笑みを浮かべた山南さんが立っていたのだ。「そんなことはありませんよ。少し疲れが溜まっているだけです。」慌てて首を横に振って否定する。まさか何か感づかれたのだろうか。「そうかい。いや、このところ、君が近藤さんたちといるところをあまり見ないからね。」言葉自体は柔らかかったが、山南さんは正体がバレないように近藤さんや土方さんを避けている俺を鋭く見抜いていた。もっとも局長の近藤さんや副長の土方さんとの江戸にいた頃からの知り合いで、本物の沖田とも古い付き合いがある人物なのだから、俺の微妙な変化に気づくとも当然といえば当然だったのかもしれない。「何を悩んでいるにしろ、無理はしないことだ。人は思うままにしか行動できない。成すべきと思うことをすればいいさ。何より君は新撰組にとってなくてはならない人物だからね。」それだけ言うと、山南さんは邪魔したねとその場を去っていった。もしかすると、単純に悩みを抱えているような俺を励ますためのセリフだったのかもしれない。だが、山南さんの言葉は何故か俺の心に響いた。この男だったら、俺の味わってきた孤独も理解してくれるかもしれない。そう思わせる何かがあったのだ。それがきっかけとなり、俺は自然と山南さんと行動をともにするようになっていた。ただ、俺が山南さんと親しくすることを警戒する人物がいた。副長である土方さんだ。