当前位置:[首页 > 日语教程 > 日语入门 > 腾讯报告:手机中毒主要来自二维码(中日双语]

腾讯报告:手机中毒主要来自二维码(中日双语

发布: 2017-08-10 12:40 | 来源:www.jptranslate.com | 查 看:

  日语学习不能一蹴而就,需要不断练习,深化记忆,加强对日本语言习惯的理解和运用能力,新东方在线整理了中日双语新闻,供参考学习,下面是腾讯报告:手机中毒主要来自二维码(中日双语)相关内容。

  日语新闻:

  中国のIT大手・騰訊(テンセント)のセキュリティ部門が発表した「2017年上半期インターネットセキュリティ報告書」によると、今年上半期にPCを対象とするウイルス攻撃は前年下半期比で30%増加し、マルウェアの数が年々増加している。携帯電話ユーザーの1億人以上がウイルスに感染したことがあり、QRコードが主なウイルス感染ルートになっている。

  同データによると、今年上半期の携帯電話ウイルスの種類別の割合では、迷惑行為が44.59%と最も高く、高額料金請求が44.44%で続いた。3位はプライバシー侵害で5.85%。詐欺は1.94%、悪意ある料金徴収は1.55%、遠隔制御は0.80%、システム破壊は0.74%、悪意ある伝播は0.08%。

  QRコードは今年上半期、主な携帯電話ウイルス感染ルートになり、20.80%の割合を占めた。QRコードが各分野で徐々に普及しているため、多くのユーザーが気軽にスキャンする習慣を身に着けている。ウイルス製造者もQRコードへのウイルス攻撃を拡大している。ウイルスが植え込まれたQRコードをスキャンするだけで、ウイルスが自動的にダウンロードされる。軽い場合はウイルスにかかるだけだが、ひどい場合はプライバシー情報が漏洩し、財産上の損失が生じる。

  中文对照:

  腾讯安全日前发布的《2017年上半年互联网安全报告》显示,今年上半年,针对PC端的病毒攻击环比增加30%,恶意程序数量逐年攀升;超过1亿的手机用户感染过手机病毒,二维码已成为主流病毒渠道来源。

  腾讯安全数据显示,2017年上半年的手机病毒类型比例中,流氓行为和资费消耗类病毒占比最高,以44.59%和44.44%的比例分列前两位。排名第三的是隐私获取类病毒,占比为5.85%。此外,诱骗欺诈、恶意扣费、远程控制、系统破坏和恶意传播类病毒的占比分别为1.94%、1.55%、0.80%、0.74%和0.08%。

  二维码成为今年上半年主流病毒的渠道来源,占比高达20.80%。由于二维码在各大领域逐渐普及,让越来越多的用户养成了随手扫码的习惯,制毒者也加大了针对二维码渠道的病毒投放比例。部分被嵌入病毒的二维码,只要一扫就会自动下载恶意病毒,轻则造成手机中毒,重则导致个人隐私信息泄露,造成财产损失。

  中日双语新闻包含中文与日文对照,对日语入门及强化都有所帮助,更多日语学习资料请持续关注新东方在线日语学习网。