返回首页
当前位置: 主页 > 日语口语 >

日系企業必要な人材(1)

时间:2020-05-22 09:10  
核心提示:日系企業必要な人材(1) 一、コミュニケーションの重要性 日本企業で働いてある人々にとって、専門的な知識が擁すると無論非常に重要であるが、組織の中の一員として、若しこ
日系企業必要な人材(1)

一、コミュニケーションの重要性

日本企業で働いてある人々にとって、専門的な知識が擁すると無論非常に重要であるが、組織の中の一員として、若しこの組織の特徴や上司の仕事のやり方、コミュニケーションの方法と思惟慣例など上手く理解できなければ、上司との軋轢が生じることとて、愉快に仕事することができそうもない。

若し、相手が欧米人の場合、全く違う顔つきですから、思惟方式が違っても認められる。しかし、中国人と日本人が類似な顔つき持ってあるから、沢山の人が双方共通な思惟方式と価値観を擁してあるだと思う。実は、日本人と中国人の間に沢山違い処がある。これも沢山日本上司悩みの源である。それ以外に、中方の社員が不満な情報も常々耳に挟むことがある。それ故、一緒に仕事をする時お互いに理解し合うのは非常に重要なことである。日本人が中国で仕事するうえ、中国の文化と価値観について自らマスターすべきである。一方では、皆さんが日系企業で勤める以上、当企業の特徴と価値観も理解する必要がある。皆さんは日系企業に勤めの時、多数の場合上司は日本人である。私は聞いた中国社員の悩みについて、最も多いのは日本上司との疎通問題である。よく言われるように仕事の80%は疎通である。いかなる企業にもせよ、疎通が得意であるほうが昇進し早い。日本語ができるかできないによって決まるじゃない。

疎通の本質は相手に対して、理解と尊重である。沢山の中国ワーカーたち例え仕事ができるとしても、日本人と疎通が堪能ではありません、毎日愚痴溢しの雰囲気に生活している始末だ。これはどれ程遺憾なこと言うまでも無いだろう。逆に、日本上司信用されてるワーカたちが日本人の意図とやり方について上手く理解できてある。日本上司との疎通が上手くできてない源はお互いに相手の価値観と仕事展開の手法があまり理解してない、

自分の思惟ままに事をやるから。

欧米企業であろう日系企業であろう、ある一つ組織の中に仕事をする以上、この組織のやり方と価値観を理解すべきである。自分がこの作業環境に当てはまれるよう、これも組織の中で成功を取得の条件である。

今日、主に日本上司とのコミュニケーションのやり方について、三つの見解に巡って話題を展開する。皆に日系企業の特徴及び企業文化が理解して欲しいです。


热门TAG: 日系企業 人材