返回首页
当前位置: 主页 > 日语口语 >

日语JLPT二级语法知识总结(3)

时间:2020-05-19 11:58  
核心提示:日语JLPT二级语法知识总结(3) 三十一 ことだから/因为…一定… 「~ことは予想できる、決まっている/由于…可以想象…,因为…一定…」 例えば: 1.「えっ!田中さん、まだな
日语JLPT二级语法知识总结(3)

三十一 ことだから/因为…一定…
「~ことは予想できる、決まっている/由于…可以想象…,因为…一定…」
例えば:
1.「えっ!田中さん、まだなの!」「朝寝坊のあの人のことだから、どうせ今頃は、まだふとんの中よ」
2.金に細かいAさんのことだから、すんなり貸してくれるとは思えない。
3.「N先生の奥さん、家を出たんだって?」「口の悪いN先生のことだから、また何かひどいことを言ったのよ」
三十二 以上、以上は/既然…就要…
「「あたりまえだ」という気持ち/既然…就要…,既然…就应…」
例えば:
1. 学生である以上は、成績で評価されるのは、仕方ないことだ。
2. 約束した以上は守らねばならぬ。
3. 自分でやると言った以上は、最後までやらなければ。
三十三 次第/一…就…
「~たらすごに/…就…,一…就立即…」
例えば:
1. 富士山についてですが、五合目につくのは夜になります。向こうに着き次第、登り始めますので、バスの中で準備しておくようにお願いします。
2. すみません、山田はただいま席をはずしております。戻り次第連絡させますので、よろしくどうぞ。
三十四 一方…、一方で…、一方では…/一方面…另一方面…
「~と…と二つの方向をもつ/一方面…另一方面…」
例えば:
1. 子供を激しく叱る一方で、やさしく接することも忘れてはいけない。
2. 彼は一生懸命勉強する一方、休日にはおもいっきり遊ぶ。
3. SさんとYさんがけんかした。SさんはYさんが悪いと言う。一方、Yさんが言うには、約束を破ったはSさんの方だと言う。
三十五 一方だ/一直…
「どんどん~する方向に進む/(越来越向着某个方向发展)一直…,一味…」
例えば:
1. 年々、交通事故は増える一方だ、車も増える一方だからしかたがない。
2. 年をとるにつれて、悩みは増える一方だ、それとともに目じりのしわも増えていく。
3. 日本では、子供が減る一方だ、幼稚園の経営が難しくなってきている。
三十六 ~にかけては、~にかけても/论…的话,在…反面
「~では/论…的话,在…方面」
例えば:
1. 暗算の速さにかけては、誰にも負けない。
2. 勉強ではだめだが、スポーツにかけては彼の右に出る者はいない。
3. 打つだけではなく、走ることにかけても、あの選手に及ぶ者はいない。
三十七 ~によって、~により、~によっては、~による、~によると、~によれば/由于…,根据…被
「情報源、原因、根拠、手段、材料/表示信息来源,原因,根据,手段,材料」
例えば:
1. 女の話によれば、悪いのはみんな彼の方だということなるが、決してそうではない。彼のほうにだって言い分はある。
2. 地震による被害は、総額五千億円にも達した。
3. 未成年の喫煙は法律により、禁じられている。
三十八 ~にあたって、~にあたり/当…之际
「これから~しようとする状況で/当…之时,值…之际」
例えば:
1. 仕事を始めるにあたり、いろいろなところからかき集めた資金も、今や、底をついてしまった。
2. 新入生を迎えるにあたり、先輩たちは歓迎パーティーの準備に忙しい。
3. 出発にあたって、再度日程の確認をさせていただきます。

三十九 ~にしては…/照…来说…,作为…的话…
「~と…との関係が予想とちがってわからない、「意外だ、変だ」という気持ち/以事物为标准进行衡量,后面所叙述的事物关系使人感到意外,不正常,超出想象;照…来说…」
例えば:
1. 彼女は日本人にしては、英語の発音もきれいだし、自分の意見をはっきり言う。
2. もう1年も日本語を勉強しているそうだが、それにしては下手すぎる。
3. あの人、大学を出たって言ってるけど、大学を出たにしては教養がなさ過ぎる。カと言って、うそでもなさそうだし
四十 ~に限って、~に限り、~に限らず/只限…,不只限于…
「~だけ特に、~だけは/唯独…,只限…,不只限于…」
例えば:
1. あーあ、こんな時に限って電車がこない。おまけに雨まで降ってきた。
2. 出席率90%以上の学生に限り、ビザの更新期間が6か月となる。
3. うちの子に限って、そんなことをするわけがない。
四十一 ~といっても/虽说…
「~は~でも、確かに~だけれども/虽说…」
1. がんばったおかげで自分のビルが持てた。ビルといっても、3階建ての小さいものだが。
2. 今度、給料が入ったら、ごちそうするよ。ごちそうといっても、大したことはできないけどね。
四十二 ~というものだ/这才真正是…
「(自分の意見を一般化して言う)「私だけの意見ではない」/(并不是我个人的看法,意见)才真正是…」
例えば:
1. どうして、お姉さんだらって、我慢しなきゃならないの。妹ばかり甘やかして…。これじゃ、不公平というものだわ。
2. 自分だけではなく、相手を思いやる心を持つのが、大人というものだ。
四十三 ~を問わず/与…无关,不管…
「~に関係なく/与…无关,不管…」
例えば:
1. 京都は四季を問わず、観光客が多い。
2. 「店員募集をみたんですが、年齢制限はあるんですが」「いいえ、やる気さえあれば年齢を問いません。」
3. 夏の花火大会は老若男女を問わず、楽しんでいる。
四十四 からすると、からすれば/以…看来,根据…
「~の立場では/以…看来,根据…」
例えば:
1. 私の考え方からすると、こういう場合はやさしく慰めるよりもむしろ、冷たく突き放すほうがいいと思う。
2. 世間一般からすれば、親はあくまで子ともにやさしくしなければ親として失格だということになる。
四十五 さえ、でさえ/连…,甚至…
「~も、~でも/连…,甚至…」
例えば:
1. もう半年も日本にいるというのに、ひらがなさえろくにかけない人もいる。
2. このことは本人にさえ話していないのだから、絶対にもらさないように。
3. 先生でさえ分からない問題が、学生に分かるわけがない。


热门TAG: 日语 知识 语法