返回首页
当前位置: 主页 > 日语口语 >

日语:母国、祖国、故国の使い分けについて

时间:2020-04-13 09:44  
核心提示:1.母国は、自分自身が基本的に生まれ育った期間が長い国で、 自分のアイデンティティーが形成された国を、 母国であるということが多いと思います。 その国の国籍であるかど

1.母国は、自分自身が基本的に生まれ育った期間が長い国で、
  自分のアイデンティティーが形成された国を、
  母国であるということが多いと思います。
  その国の国籍であるかどうかは、あまり関係ありません。
例 アメリカ人と結婚した日本人が、アメリカ国籍を取得し、
  アメリカで生活している場合、その日本人にとっての母国は、日本です。
2.祖国は、自分のルーツのある国。
  ここで生まれ育ったかは、問題ではないと思います。
  この場合は、国籍は、同一でないことが多いと思います。
例 ブラジルの日系人の2世などにとり、日本は祖国であるかもしれませんが、
  母国ではないと思われます。祖国は日本で、
  母国はブラジルという形になると思います。
3.故国は、自分が何国人であるかのアイデンティティーと
  国籍が一致している国をさすことが、多いと思います。
  故郷ということばのように、なつかしんでいるイメージが強いと思います。
例 日本人の会社員が、外国で何年も滞在している場合に、故国を思うのです。
また、母語と母国語は違います。
母国語は、あくまでも自分の国籍のことばで、
母語は、自分の第一言語。
例 日本生まれの多くの在日に人にとって、母語は、日本語で、
母国語は、(ほとんどしゃべれない)韓国語・朝鮮語であることが多いです。
この場合、「母国語の母国」と「母国」は、少し意味が違うような気がします。

広辞苑によると
母国:①分れ出た国から、もとの国を言う称。
   ②自分の生まれた国。祖国。
祖国:①祖先以来住み来った国。自分の生まれた国。
   ②国民の分れ出たもとの国。本国。
故国:①古くからある国。昔あった国。
   ②自分の生まれた国。母国。ふるさと。故郷。


热门TAG: 母国 日语 故国