返回首页
当前位置: 主页 > 日语口语 >

日语口语:ビジネス会話の基本三

时间:2020-04-09 12:18  
核心提示:第3章 指示と依頼 ここでは上司から部下への指示、あなたから同僚や後輩への依頼の仕方、そのときの受け方、断り方を取り上げます。これらは会社の中では基本会話に属します

第3章 指示と依頼
ここでは上司から部下への指示、あなたから同僚や後輩への依頼の仕方、そのときの受け方、断り方を取り上げます。これらは会社の中では基本会話に属しますが、相手の地位・年齢によって使い分けが生じるので、日本語学習者にとってはやっかいなものです。
1、 部下への指示の仕方
(1) 部下の作業を急がせる
<男性上司から部下へ>
課長・:李君、これ、大至急お願いしたいんだが、・・・。
李  :コピーですね。はい、承知しました。
課長・:十時までにできるかな。
李  :はい、2、30分でできると思います。
課長・:じゃ、よろしく。
<女性上司から部下へ>
課長・:李さん、忙しいところを申し訳ないんだけど。
李  :はい、何でしょうか。
課長・:このコピー、十時までにしてもらえない?
李  :はい、かしこまりました。
課長・:じゃ、お願い。
(2) 部下に仕事を頼む
<男性上司から部下へ>
課長・:李君、実は君にやってもらいたい仕事があるんだが、・・・。
李  :はい、何でしょうか。
課長・:今度の新商品の販売企画を君に任せたいと思っているんだ。どうかな。
李  :はい、喜んでやらせていただきます。
課長・:じゃ、この件は君に任せるから、よろしく頼む。
<女性上司から部下へ>
課長・:李さん、実はあなたにやってもらいたい仕事があるんだけど。
李  :はい、何でしょうか。
課長・:今度の新商品の販売企画をあなたに任せたいと思っているんだけど、どう?
李  :そんな大役、私に務まるでしょうか。
課長・:あなたを見込んで、私が頼むのよ。私もできるだけ協力するし、何があっても私が責任をとるから。
李  :そこまでおっしゃっていただけるのなら、難しいとは思いますが、私なりに全力を尽くします。
課長・:よろしく頼むわね。

常套表現と解説
・ 忙しいところを申し訳ないんだけど
  これ、大至急お願いしたいんだけど
  申し訳ないけど、ちょっと手を貸してもらえ
  る?
・ ~て‐ください/もらえませんか
 ▼ ~て‐くれ/くれない?/もらえない?
・ ~て‐ほしいんですが/もらいたいんですが
 ▼ ~て‐ほしいんだけど/もらいたいんだけど
・ 承知しました/かしこまりました
  はい、喜んでやらせていただきます
・ そのような大役が私に務まるでしょうか
  難しいとは思いますが、私なりに全力を尽くします
・ この件は君に任せるから、よろしく頼む
  何があっても、私が責任をとる
  私もできるだけ協力するから、ぜひ、がんばってくれ
 「~しろ」「~なさい」などの命令の形は、日常生活では家庭の中で親が子供を、教師が学生を叱るときに使うぐらいで、皆さんが社内やビジネスの場で使う機会はほとんどないでしょう。現在では社内で上司が部下に指示するときにも、先ず、・のような前置きと言って、それから依頼や希望の形を使って指示するのが普通です。業務指示の場合、男性上司は「~てくれ」「~てほしい/~てもらいたい」などの▼印の表現を使い、女性上司であれば、「~てくれない?/~てもらえない?」のようにもう少し柔らかい表現を使うことが多いでしょう。なお、▲印はお客や知らない人など、遠慮がいる相手に使う表現で、ビジネス会話ではお客や取引先の人に何かを依頼するときの表現になります。
 さて、上司方の指示があったとき、親しい上司であれば「はい、わかりました」でもいいのですが、・のように「はい、承知しました/はい、かしこまりました」と応えるのが会社内であれば基本で、その方が上司から好感を持たれるでしょう。
 しかし、困難が予想される指示に対しては、・のように「そのような大役が私に務まるでしょうか」と少し予防線を張って、上司からの「何があっても私が責任をとる」とか、「私もできるだけ協力するから」という言葉を待って、「難しいとは思いますが、私なりに全力を尽くします」と答えるのが賢明です。つまり、そうしておけば、うまくいかなかったときも上司との共同責任になりますし、これはビジネスマンとしての知恵です。

(3) 同僚や後輩への依頼
<先輩への依頼>
李  :先輩、ちょっとお願いがあるんですが。
先輩・:何?
李  :このコピー、僕が課長から頼まれたんですが、すぐ取引先まで出かけなくちゃならない急な用事が入って、それで、申し訳ないんですが、僕の代わりにこのコピーしていただくわけにはいかないでしょうか。
先輩・:うん、いいよ。で、いつまで?
李  :部長からは10時までにとのことでした。
同僚・:うん、わかった。できたら、課長に届ければいいんだね。
李  :はい、では、よろしくお願いします。
<同僚への依頼>
李  :Aさん、ちょっと、お願いがあるんだけど。
同僚・:うん、何?
李  :このコピー、僕が課長から頼まれたんだけど、すぐ取引先まで出かけなくちゃならない急な用事が入ったんだ。それで、悪いんだけど、僕の代わりにこのコピしてもらえない?
同僚・:うん、いいわよ。で、いつまで?
李  :部長からは10時までにと言われているんだ。
同僚・:うん、わかった。できたら、課長に届ければいいのね。
李  :うん、じゃ、よろしく。
<後輩への依頼>
李  :A君、悪いんだけど、ちょっと手を貸してもらえる?
後輩・:先輩、なんですか。
李  :ちょっと、このコピー、してもらえないか。
後輩・:急ぎですか。
李  :うん、大至急お願いしたいんだ。できたら、すぐ僕のところに持ってきて。
後輩・:わかりました。
李  :じゃ、よろしく。

常套表現と解説
・ 申し訳ないんですが
 ▼ 悪いんだけど
・ ちょっと、お願いがあるんですが
 ▼ ちょっと、お願いがあるんだけど
・ ~て‐ください/もらえませんか
 ▼ ~て‐くれ/くれない?/もらえない?
 ▲ ~て‐くださいませんか/いただけませんか/   いただけないでしょうか
・ ~て‐ほしいんですが/もらいたいんですが
 ▼ ~て‐ほしいんだけど/もらいたいんだけど
 ▲ ~て‐いただきたいんですが
・ はい、わかりました
 ▼ うん、わかった/うん、いいよ
 誰かに用件を頼むときは、・のように、必ず前置きの言葉をつけるようにしましょう。そうでないと依頼ではなく命令になってしまいます。その際、先輩には無印の表現を使いますが、親しい同僚や後輩には「悪いんだけど」と▼印でかまいません。
 また、社内で親しい同僚や後輩に何かを頼むとき、・の▼のように普通体口語のフレンドリーな会話体になりますし、それが自然です。しかし、先輩に対しては「ちょっと、お願いがあるんですが」のように頼むのが原則です。ここが日本語のやっかいなところなのですが、言葉遣いには気をつけないと、「△△は先輩に対する言葉遣いも知らない」と先輩から反感を買うことになります。

<資料> 先輩から嫌われるのはどんな人?
 先輩から後輩を見たときの嫌われる後輩のランキングはどうなっているか。「小六チャレンジ・1999・一月号」(株:ベネッセコーポレーション)の別冊付録「中学のぜんぶ」にこんな興味深い統計が出ていました。
1. あいさつをしない 41%
2. 敬語を使わない 29%
3. 図々しい 13%
4. いい子ぶりっ子 9%
5. こそこそ悪口 5%

2、指示・依頼の断り方
(1)上司の指示を断る
課長・:今度の新商品の販売企画を君に任せたいと思っているんだが、どうかな。
李  :課長、私を指名してくださったことはとてもうれしいのですが、私には荷が重すぎます。もっと適任者を捜していただけないでしょうか。
課長・:君ならやれると思うんだが。
李  :ありがとうございます。でも、課長や会社にご迷惑を掛けることになってはいけませんから、やはりご辞退させてください。
(2)先輩の依頼を断る
先輩・:李君、悪いんだけど、ちょっとこのコピーをしてもらえない?
李  :ごめんなさい、先輩。今、急ぎの仕事を抱えているので、・・・。
先輩・:あ、そう。じゃ、他の人に頼むよ。
(3)同僚の依頼を断る
先輩・:李さん、悪いんだけど、ちょっとこのコピーをしてもらえない?
李  :ごめん。今、急ぎの仕事を抱えてるんだ。
先輩・:あ、そう。じゃ、他の人に頼むわ。

常套表現と解説
・ すみませんが~ので・・・
 ▼ 悪いけど~んで、・・・
 ▲ 申し訳ありませんが、~ので・・・
・ すみませんが、ちょっと・・・
 ▼ 悪いけど、ちょっと・・・
 ▲ 申し訳ありませんが、ちょっと・・・
・ それは勘弁してください
  他のことならともかく、その件についてはちょっと・・・
  お気持ちはうれしいのですが、ちょっと・・・
・ 私には荷が重すぎます
  部長のご期待に添える自信がございません
  皆さんの足手まといになっては申し訳ありませんので、・・・
  会社にご迷惑を掛けることになってはいけませんから、やはりご辞退させてください
 一番難しいのが断り方でしょう。「イエス」「ノー」が鮮明な言語圏の方は直截的で、「駄目です/できません」のように、はっきり意志表示することが多いようです。ところがこの言い方は、日本人にはどきっとするほど厳しい拒絶と受け止められてしまいます。 そこで、日本人は先ず先輩や上司であれば・の▲印の「申し訳ありませんが、~」、同僚や後輩であれば▼印の「悪いけど、~」などの詫びを言って、それから断らなければならない事情を述べます。そして、日本人は最後まで「駄目です/できません」という言葉を避けて、後は察してもらう言い方をします。これが「察しの文化」と言われるものですが、「断りの言葉を使わずに断る」のが日本語の特徴です。この「断り方」を失敗すると人間関係を一瞬で壊してしまう恐れがありますから、ぜひみなさんに体得していただきたいことの一つです。
 なお、・は理由を言いたくないときの断り方ですが、社内での仕事関係の話では、事情ら理由を述べる・の言い方が適切です。・は先輩や同僚から何かを頼まれたのですが、他の仕事が重なっていてできないときの言い方です。
 ・は先輩や目上の人から個人的に何かを頼まれたときに多く使われる断りの表現です。特に「それは勘弁してください」は意味上は「許してください」と同じですが、とても困っているという感情が強く表れます。
 ・は上司から自分が自信を持てないような仕事上の指示を受けたときの断りの常套表現です。「できないことは引き受けない」というのはビジネスマンのもう一つの鉄則ですから、自分の力で無理だと思ったときははっきり断った方が後で問題が生じません。


热门TAG: 口语 日语