返回首页
当前位置: 主页 > 日语口语 >

商务礼仪小贴士:寒暄的注意事项

时间:2020-05-26 14:20  
核心提示:商务礼仪小贴士:寒暄的注意事项 あいさつにつにて あいさつは気持ちを言葉と動作に置き換えて表現するものである。形を尊ぶ日本の礼儀では、まずあいさつが人と人をつなぐ最初
商务礼仪小贴士:寒暄的注意事项

あいさつにつにて

あいさつは気持ちを言葉と動作に置き換えて表現するものである。形を尊ぶ日本の礼儀では、まずあいさつが人と人をつなぐ最初の一歩である。あいさつをきちんとできるかどうかは、その人の礼儀正しさや、仕事に対する意欲、人間性の尺度となる。

寒暄是通过言行来表达心情的过程。在注重形式的日本礼仪中,寒暄是人与人沟通的第一步,能否正确使用寒暄语,也是衡量一个人的礼貌,工作状态以及品格的尺度。

あいさつのポイント

寒暄的要点

1. 自分から先に
2. 相手の目を見て
3. 明るく

1. 自己主动问候
2. 看对方的眼睛
3. 明快地

先輩、後輩を問わず自分からあいさつをするように心がけよう。
あいさつする際には、しっかりと相手の目を見ることが大切なポイント。下を向いてごもごもあいさつするほど、相手を不愉快にさせるものはない。中途半端なあいさつでは、むしろ相手に失礼だ。
職場の外で社内の人に会った場合にも、「お疲れ様です」と一言を忘れずに。声をかけなくても、目が合ったら笑顔で軽く会釈すると好印象になる。

不论是前辈还是晚辈,我们都要主动问候。
问候时一定要注意看着对方的眼睛。如果目光向下自言自语似的问候,会让对方不愉快。不到位的问候,反而更加失礼。
在单位以外的地方见到同事,切记要说一声“您辛苦了”。即使是不出声,只要视线相遇后,笑着轻轻地点点头,也会给对方留下很好的印象。