返回首页
当前位置: 主页 > 日语考试 >

三級日本語文法与习题全集(7)

时间:2020-05-10 09:09  
核心提示:受身形 被动,在日语中叫「受身(うけみ)」, 1被动形(受身形)的变化方法 A五段动词 把结尾的假名变成相应的あ段假名,然后+れる B一段动词 把结尾的る去掉,然后+られる 要注意,
受身形
  被动,在日语中叫「受身(うけみ)」,
  1被动形(受身形)的变化方法
  A五段动词
  把结尾的假名变成相应的あ段假名,然后+れる
  B一段动词
  把结尾的る去掉,然后+られる
  要注意,一段动词的被动变法和可能形变法是相同的,比如,
  被吃,是「たべられる」,能吃也是「たべられる」,这就要根据具体的环境开区分到底是什么意思。
  C特殊动词
  する变被动是「される」,来る是「こられる」。来る的被动形和可能形是相同的。
  被动文的用法
  「被动文1」
  第一种被动文是把肯定句的目的语(宾语)做为主语使用时的用法。
  在被动句中,发出动作的人的后面必须用助词「に」,这是固定用法,必须牢记。
  我自己起来就是「わたしは7じにおきる」,自动词,没有目的语,事物自身的动作。
  而说「我早上把小猫叫起来」就是「わたしはあさねこをおこす」,「おこす」是他动词,前面有目的语「ねこ」,目的语的后面用助词「を」
  在日语中所说的「目的语」就是我们所说的「宾语」。
  他动词前面的宾语后,用助词「を」
  而自动词有时也有目的语,这个目的语后面要用「に」。比如自动词"去"(行く),
  说"去买东西",那么买东西就是"去"的目的语,但是不能用「を」而必须用「に」。是「かいものに行く」
  「被动文2」
  第二中被动文中,多了一个"物"
  「被动文3」
  当没有必要指出动作是谁发出的时候,用第三种用法。
  在这种情况下、没有必要指出动作的发出人、所以句子里没有「人に」。
  但是在某种情况下、想特殊情调这件事情是「某人」做的,要用另外一种表达方式。
  例句4,强调的是每天来送报纸的是打工的留学生,这时的表达方法是「人によって」
  在被动句中,发出动作的「事物或人」的后面必须用「に」,特殊强调这个「事物或人」的时候要用「によって」
  「被动文4」
  在日语中,有一种特殊的表达人的感情的方法,就是用被动来表示「不愿意,不高兴」的心情。
  例句1,实际上说「被雨下了」,是不通顺的,但是这句话不是一般的陈述语气,而是表达一种很麻烦、焦急的心情。
  翻译这样的句子的时候、就不能硬翻译意思了
  例句1可以翻译成「下雨了、真麻烦。」
  一些动词没有被动形,要注意。
  在这里补充一下「使役被动形」的变化方法和用法。
  使役被动,就是「被要求做~」
  当说「使役被动形」的时候也许很不容易理解什么时候用
  说「本来唱歌就难听,在卡啦ok上被逼着唱了两首」
  记住,所有的使役被动形就是把「せる」的「る」去掉,再加上「られる」
  比如,「歌う」变为使役是「歌わせる」,变为使役被动就是「歌わせられる」
  五段动词的使役被动形可以直接变成「~される」
  如,行かせられる=行かされる
  「我被逼着吃药」就是「くすりをのまされる。」
  但是以「す」结尾的五段动词不可以这样变化。
  如「はなさせられる」不能变成「はなささられる」


  1.「受身形」の作り方
  A.五段動詞
  言う・・・・・・う→わ+れる→言われる
  飲む・・・・・・む→ま+れる=飲まれる
  作る・・・・・・る→ら+れる=作られる
  B.一段動詞
  見る・・・・・・×る+られる=見られる
  食べる・・・・・・×る+られる=食べられる
  C.サ変動詞とカ変動詞
  する→される
  来る→来られる(来られる)
  受身形の練習
  1.始める(はじめる)→始められる2.使う(つかう)→使われる
  3.育てる(そだてる)→育てられる4.聞く(きく)→聞かれる
  5.決める(きめる)→決められる6.呼ぶ(よぶ)→呼ばれる
  7.建てる(たてる)→建てられる8.送る(おくる)→送られる
  9.持って来る→持って来られる10.質問する→質問される
  「受身文1」
  AがBを~する→<BはAに~受身形>
  1.「母が子供をほめた」
  →子供は母にほめられた。
  2.「友だちが私を招待した」
  →私は友だちに招待された。
  3.「社長が山田さんを呼んだ」
  →山田さんは社長に呼ばれた。
  練習
  1.「母は私を朝7時に起こしました」の受身文は「__________」です。
  A)私は朝7時に母を起こされました。
  B)私は朝7時に母に起きられました。
  C)私は朝7時に母に起こされました。
  答C
  「受身文2」
  〈人の~を〉
  AがBのX(物)を~する
  →<BはAにX(物)を~受身形>
  1.「彼が私の年を聞いた」
  →私は彼に年を聞かれた。
  2.「男の人が私のお金をとった」
  →私は男の人にお金をとられた。
  3.「先生は私の作文をほめた」
  →私は先生に作文をほめられた。
  練習
  2.「妹が私のジュースを飲んだ」の受身文は、「_______」です。
  A)私のジュースを妹は飲まれた。
  B)私はジュースが妹に飲まれた。
  C)私はジュースを妹に飲まれた。
  3.「父が私の絵をほめた」の受身文は、「_________。」です。
  A)私は父に絵をほめられた。
  B)父は私の絵をほめられた。
  C)父が絵をほめられた。
  答2.C3.A
  「受身文3」
  「~に」を言わない受身文
  1.新聞は毎日6時に配達されます。
  2.この工場でテレビやビデオが作られています。
  3.英語は世界中で話されています。
  特に「~(人)に」を言いたいとき
  4.新聞は6時にアルバイトの留学生によって配達されます。
  練習
  4.90階の新しいビルが___建てられる予定です。
  A)IBN社によってB)IBN社をC)IBN社から
  「受身文4」
  「困る」「いやだ」という意味の文。


热门TAG: 日本 习题 文法