返回首页
当前位置: 主页 > 日语考试 >

日语综合学习资料:年金問題

时间:2020-05-07 09:09  
核心提示:▲年金问题〔日本の课题―どうするどうなる21世纪〕――公的年金の将来と、新たな私的年金制度とはかつてなかった少子化社会?高齢社会が到来する21世纪、公的年金を受け取る人

  ▲年金问题〔日本の课题―どうするどうなる21世纪〕――公的年金の将来と、新たな私的年金制度とはかつてなかった少子化社会?高齢社会が到来する21世纪、公的年金を受け取る人が急増するいっぽうで保険料を支払う人は急减してしまう。年金制度の今後はどうなるのだろうか。

◆転换期迎えた年金制度〔日本の课题―年金问题〕20歳から60歳までの国民全员が加入する国民年金、会社员が加入する厚生年金、公务员が加入する共済年金。これら3种类を合わせて公的年金と呼ぶが、この公的年金の将来に不安の影がさしている。

これは、日本の年金制度が世代间扶养というシステムをとっているためである。现役で働く生産年齢人口が65歳以上の高齢者人口の公的年金を支払う形なので、世代人口の変化によって无理が生じてしまうのである。

厚生省が97年に発表した推计によれば、今後50年は高齢者人口は増加し続け、生産年齢人口は减少を続ける。このアンバランスが受给额の减额に繋がると予想され、现在20代の人の厚生年金は将来的に払った额より少ない额しか受け取れないという试算もある。

そこで厚生省を中心に公的年金制度の改革が进められているが、同时に企业年金制度も変えられようとしている。これまでの确定给付型を确定拠出型に切り替えようというのだ。401kプランに代表されるこの制度では、将来もらえる年金の额は确定されていない。确定しているのは月々の积み立て额で、その运用成绩に応じて受け取れる年金额が决まる。当然、加入者は运用リスクを负うことになるが、転职によって将来の年金额に不利益が生じることがなくなる。これによって雇用の流动化が促され、企业の负担も軽减されるとあって、厚生?労働?大蔵?通産の4省は、日本型401kの导入を検讨している。

◆公的年金の概要〔日本の课题―年金问题〕厚生年金?共済年金の加入者は、同时に国民年金にも加入している(二阶建ての形。一阶部分の土台となるのが国民年金である)。

?国民年金:

20歳以上60歳未満の国民全てが加入(→别项)。

?厚生年金:

民间企业で働く人が加入(→别项)。

?共済年金:

公务员や教员、农林渔业団体职员などが加入。

少子化社会や高齢化社会の进展、未加入者の増加によって公的年金制度が危机に濒している(→别项)。

◆私的年金〔日本の课题―年金问题〕年金制度の基本部分は公的年金であるが、「上积み部分」として私的年金がある。

?企业年金:

企业がその従业员を対象として运営。

?国民年金基金:

営业者など、个人が任意に加入(→别项)。

?个人年金?财形年金:

各种金融机関で贩売される金融商品(→别项→别项)。