返回首页
当前位置: 主页 > 日语考试 >

日语能力考试一级真题(9)

时间:2020-03-26 12:22  
核心提示:1994年日语能力考试1级真题及答案 文字.語彙 (100点45分) 問題Ⅰ 次の文の下線をつけたことばは、どのように読みますか。その読み方をそれぞれの1.2.3.4から一つ選びなさい。 問1

1994年日语能力考试1级真题及答案

文字.語彙 (100点45分) 

問題Ⅰ 次の文の下線をつけたことばは、どのように読みますか。その読み方をそれぞれの1.2.3.4から一つ選びなさい。

問1 裁判の経緯を見ていると、両者に譲歩の姿勢は全くなく、争いは泥沼の様相を呈している。

(1)経緯   1 けいか   2 きょうか  3 けいい   4 きょうい
(2)譲歩   1 じょうほ  2 じょうほう 3 じょうふ  4 じょうぶ
(3)争い   1 きそい   2 たたかい  3 うばい   4 あらそい
(4)泥沼   1 でいじょう 2 どろじょう 3 でいぬま  4 どろぬま
(5)様相   1 ようそ   2 ようそう  3 ようじょう 4 ようす

問2 機械が故障するとすぐ廃棄物扱いをする近年の悪癖を解消するには、国民の生活意識を根底から問い直す必要がある。

(1)故障   1 こしょ   2 こうしょ  3 こうしょう 4 こしょう
(2)廃棄物  1 はいきぶつ 2 はきぶつ  3 はっきぶつ 4 はつきぶつ
(3)悪癖   1 わるくせ  2 わるへき  3 あくへき  4 あっくせ
(4)解消   1 かいしょ  2 かいしょう 3 げしょ   4 げしょう
(5)根底   1 こんてい  2 こんでい  3 ねそこ   4 ねぞこ

問3 八月半ば、高原には早くも秋の気配が漂い始め、色とりどりの草花が夏の名残を惜しんでいた。

(1)気配   1 きはい   2 きばい   3 けはい   4 けばい
(2)漂い   1 さまよい  2 ただよい  3 うるおい  4 よそおい
(3)草花   1 くさか   2 そうか   3 そうはな  4 くさばな
(4)名残   1 なごり   2 なのこり  3 めいさん  4 めいざん
(5)惜しんで  1 かなしんで 2 さびしんで 3 おしんで  4 あやしんで

問題Ⅱ 次の文の下線をつけたことばは、ひらがなでどう書きますか。同じひらがなで書くことばを1.2.3.4から一つ選びなさい。

(1)この会社は多額の負債に苦しんでいる。

   1 不在 2 夫妻 3 風習 4 封鎖

(2)再三注意したが、彼は聞く耳を持てなかった。

   1 採算 2 最善 3 整然 4 財産

(3)こんなことで意地を張っても無駄だ。

   1 位置 2 一致 3 維持 4 異議

(4)顕微鏡で雪の結晶を見る。

   1 化粧 2 決勝 3 傑作 4 欠席

(5)二つの勢力は均衡を保っている。

   1 金庫 2 近郊 3 機構 4 緊急

問題Ⅲ 次の文の下線をつけたことばは、どのような漢字を書きますか。その漢字をそれぞれのA・B・C・Dから一つ選びなさい。

問1 彼の行為は規則いはんだと一時ひなんされたが、じじょう調査の結果、むしろせいとうな行為であるとみとめられた。

(1)いはん    1 異判    2 異反    3 違判    4 違反
(2)ひなん    1 避難    2 非難    3 否難    4 被難
(3)じじょう   1 時状    2 事状    3 事情    4 時情
(4)せいとうな  1 正到な   2 正答な   3 正等な   4 正当な
(5)みとめられた 1 許められた 2 識められた 3 認められた 4 譲められた

問2 だいきぼなさいがいにそくざに対応できるたいせいがけんとうされている。

(1)だいきぼな  1 大規模な  2 大基模な  3 大規漠な  4 大基漠な
(2)さいがい   1 砕害    2 災害    3 催害    4 最害
(3)そくざに   1 則座に   2 速座に   3 即座に   4 促座に
(4)たいせい   1 態勢    2 帯製    3 態整    4 帯整
(5)けんとう   1 見当    2 見討    3 検当    4 検討

問3 夜更けのはまべにひとかげはなく、ただ、おきのぎょせんがあわい月の光にかすかに見えるだけであった。

(1)はまべ    1 海辺    2 海部    3 浜部    4 浜辺
(2)ひとかげ   1 人陰    2 人隠    3 人影    4 人像
(3)おき     1 沖     2 浦     3 湾     4 潮
(4)ぎょせん   1 魚舟    2 魚船    3 漁舟    4 漁船
(5)あわい    1 濃い    2 淡い    3 清い    4 渋い

問題Ⅳ 次の文の下線をつけたことばの二重線( )の部分は、どのような漢字を書きますか。同じ漢字を使うものを1.2.3.4から一つ選びなさい。

(1)青年は常に(り)そうを追い求めなければならない。

1.会社に(り)れきしょを送った。
2.夏休みにはいつもきょう(り)に帰ることにしている。
3.彼はちょう(り)しの免許を持っている。
4.この会社は主に輸出によって(り)じゅんをあげている。

(2)経済発展を(そく)しんさせる政策を優先する。
1.彼は外国に渡ったまま、しょう(そく)が絶えた。
2.道路工事のための(そく)りょうが始まった。
3.友人から借りていたお金の返済をさい(そく)された。
4.始めのげん(そく)どおりに仕事を進めよう。

(3)選挙が近いので、がい(とう)で演説をしている。
1.会議の結果はこう(とう)で伝えることにした。
2.技術開発は高いレベルに(とう)たつしている。
3.歴史とでん(とう)を尊重する。
4.不景気で(とう)さんする会社が続出している。

(4)(せい)ふくを着た高校生が歩いている。
1.新しい(せい)とうを支持する。
2.このラジオは(せい)のうがよくて有名だ。
3.輸入品の価格のとう(せい)がゆるめられた。
4.裁判官はこう(せい)な判断を下した。

(5)彼は本社から大阪の支店にてん(きん)になった。
1.あまり(きん)ちょうすると体によくない。
2.学校を設立したいがし(きん)が足りない。
3.研究室の図書の持ち出しはげん(きん)する。
4.彼は驚くほど(きん)べんな学生だ。



热门TAG: 真题 日语 能力